国内でも発表!「SONY RX0」 新しい映像表現を可能にするのか!?

シェアする



こんにちはYuu(@yuu_u1)です。

昨日、ドイツ・ベルリンで開催されたIFA 2017で発表されたRX0ですが、早々に国内でも発表がありました。

10月27日に発売で価格は8万円前後。予約販売は9月6日(水)10時より開始です。

【追記】

早速、先行展示品をソニーストアで見てきましたので、気になる方は下のリンクからどうぞ!

【展示分レビュー】SONY RX0を実際に見てきた!強くなったRX100です!
こんにちはYuu(@yuu_u1)です。 先日発表されたSONY RX0です。 発売日は10月...

スポンサーリンク



RX0は、アクションカメラではなかった?

昨日、海外で発表した時に高級なアクションカメラだ!と自分は思っていましたが、アクションカメラという位置付けでは無いようです。

プレミアムコンパクトRXシリーズで追求してきた高画質技術を防水性と堅牢性を備えた小型ボディに凝縮したコンパクトデジタルスチルカメラ

SONY

今までのハイエンドコンデジの進化系とも言えるカメラです。

雨天や水中、砂埃が多い環境、狭小な場所、カメラに衝撃が加わるなど、あらゆる場面での撮影を可能にし、さらにワイヤレス接続や有線接続による複数台を組み合わせた多視点撮影などで、撮影者の発想する自由な映像表現を実現します。本機は、静止画にスローモーションを含めた動画を組み合わせて表現できることにより、手にするすべての人の創造力を刺激し、その映像表現を広げます。

SONY

映像の表現を広げるクリエティブな映像が制作可能と謳っています。

こちらの動画を見て頂ければその意図がわかります。

「RX0」で撮影した作例動画

「RX0」での撮影舞台裏動画

撮影の舞台裏を写した動画もアップされています。

映像クリエイターにとって新しい世界を表現可能

クリエイターの創造性を高める多様な視点からの新しい映像表現を可能にするカメラとなっていますね。


別売りの電波式ワイヤレスコマンダー『FA-WRC1M』を用いて最大15台でのリモートレリーズ撮影が可能だったり、モバイルアプリケーションPlayMemories Mobileをインストールしたスマートフォンやタブレットと、設置自由度の高いワイヤレスで接続する場合は、最大5台までの画角確認、シャッター/RECの操作ができます。

という事で高画質のRX0で多様な視点からクリエティブな映像表現が可能で、映像クリエイターは欲しくなるカメラですね。アイディアが無いと使うのが恥ずかしい…自分はただ写真をとるだけで終わってしまいそうです笑

RX0の特徴

RX0の特徴ですが、昨日も書いたので重複しますが、また書きます。

RXシリーズの高画質技術を防水性と堅牢性を備えた小型ボディに凝縮

・有効約1530万画素のメモリー一体1.0型積層型Exmor RS CMOSイメージセンサー

・高解像でゆがみの少ない広角ZEISSテッサーT* 24mm F4(固定)レンズを搭載。

・水深10mの防水性能や2.0mの落下耐性、200kgfの耐荷重という堅牢性により、雨天や水中などの過酷な撮影環境や狭小な設置場所など、あらゆる場面での撮影が可能です。

小さなボディに多彩な撮影機能

・最高1/32000秒のアンチディストーションシャッター搭載。

・最高約16コマ/秒の高速連写

・最大960fps(40倍)のスーパースローモーション)

・単体での4K撮影はできませんが外部レコーダーを使い録画が可能で、画素加算のない全画素読み出しによる4K動画のHDMIクリア出力です。

・ピクチャープロファイル設定やダイナミックレンジの広いS-Log2の撮影が可能です。

商品の画像とサイズ

外形寸法(幅×高さ×奥行) : 59.0×40.5×29.8 mm
質量:約110g

RX0で撮影されたサンプル写真が美しい

RX0で撮影された写真がWEBにアップされていますが、RXで養われてきた高画質がこの超小型RXにも継承されています。

F4,1/1000秒,ISO-400

F4,1/2000秒,ISO-800

F4,1/60秒,ISO-125

F4,1/2000秒,ISO-250

F4,1/500秒,ISO-250

最後に

ソニーらしいワクワクさせてくれる製品をまた作ってくれましたね。

自分はこのカメラを見た時に、もう15年くらい前になるんでしょうか?チタン製ボディのネットワークウォークマンの「MS-90D」あたりを思い出させてくれました笑

この凝縮感が似てる。

画像:AV watch

またソニーが一時期出していたQUALIAシリーズの「QUALIA 016」のようなとことん小さくしました的なカメラで画質も一切妥協しないと言った感じですね。

まだ日本語のスペックがアップされていませんが、ソニーらしい新しい分野のカメラを作ってきたという印象がありますが、4K記録が外部レコーダー必要とか手ぶれ補正が搭載されていなかったりと、これもまたソニーらしく、ファーストモデルは結構なんでこれを省くの?といった仕様が多いですよね。

【追記】スペックはPDFにて載っていました。

字が小さいのでこちらからご覧下さい。

まあ、でも小型を犠牲にしたRXで通常のRXシリーズでは撮れない映像が撮れるわけですから、またニーズを拾ってグレードアップしていきますよね。

でもRXファンとしてはファーストモデル使いたい!

10月27日に発売で価格は8万円前後。予約販売は9月6日(水)10時より開始です。

【追記】

早速、先行展示品をソニーストアで見てきましたので、気になる方は下のリンクからどうぞ!

【展示分レビュー】SONY RX0を実際に見てきた!強くなったRX100です!
こんにちはYuu(@yuu_u1)です。 先日発表されたSONY RX0です。 発売日は10月...

参照:SONY

【追記】詳細スペックを追加しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
趣味で神戸を中心に関西周辺の写真やタイムラプスや動画を撮っています。 SONYのカメラとiPhoneを愛用しています。 【最近のお問い合わせ事例】 ・タイムラプスの撮影依頼 ・夜景撮影の依頼 ・室内写真の撮影依頼
スポンサーリンク