ソニーのミラーレス「スマートリモコン」でバルブ撮影が便利に

シェアする

自分はソニーのカメラを使っているのですが、ソニーのカメラは欲しい機能を後から追加できる「PlayMemories Camera Apps」というアプリ機能が搭載されています。

よく使う機能は、「タイムラプス」アプリですが、少し前に「スマートリモコン」の機能がアップデートされていて便利になっていました。

今回は「スマートリモコン」アプリの紹介をします。

このスマートリモコンとは、名前のとおりスマホでカメラを操作できるアプリです。

レリーズ(リモコン)代わりに、WiFiでスマホとカメラを接続してコントロールできます。

これにより、離れた所から集合写真を撮ったり、構図を確認してシャッターを切ることが可能です。

スポンサーリンク

BULB撮影が可能で便利に

最近ですがこのスマートリモコンから「BULB撮影」が可能になっていました。

長時間露光で車の光跡をよく撮るのですが、 BULB撮影で撮りたいと思っていましたが、リモコンを持っていなかったので嬉しいアップデートです。

BULB撮影とは、ソニーのカメラでしたらマニュアルモードからシャッタースピードを左に回していくと出てきます。

IMG_9866

α6000の場合

BULB撮影は、シャッターボタンを押して離すまでの間シャッターが開いた状態になります。通常のシャッタースピードは30秒までですが、それ以上、シャッターを開いたままにする事が可能です。星の軌跡や夜景や花火など撮る時によく使われる機能です。

スマートリモコンの使い方

スマートリモコンの使い方は、まずカメラ本体にアプリをダウンロードします。

そして、スマホに「PlayMemories Mobile」をダウンロードしていない場合はダウンロードします。

PlayMemories Mobile

posted with ポチレバ

その後、「アプリケーション」の一覧にスマートリモコンが表示されますので、スマホとカメラのWiFiと接続して使用します。

IMG_9867

接続されるとスマホ側に以下のような画面が表示されます。

シャッタースピードや絞り、ISOなどもリモコンから操作可能です。

BULB撮影の場合は、シャッタースピードをBULBに設定して、下の「BULB」のボタンを左へスライドさせると開始します。

IMG_8831

開始されると画面上に時間が表示されます。現状の状態は見えないので感覚的なものになってしまいます。

 IMG_8832

BULBを終了する時は、再度BULBのボタンを右にスライドさせます。

作例

車の光跡ばかりの作例ですが、BULB撮影で長時間露光してみました。

Processed with VSCOcam with hb1 preset

ILCE-6000 f/22 123秒 ISO 100

Processed with VSCOcam with hb1 preset

ILCE-6000 f/13 91秒 ISO 250

Processed with VSCOcam with hb1 preset

a6000 f/10 71秒 SO 250

BULB撮影をする時に一緒に使うもの

BULB撮影する際や長時間露光を行う場合は、カメラを固定しないとブレてしまうので三脚は必須です。

あとは、長時間シャッターを開けっ放しにするので、白とびが起こりやすくなるので「NDフィルター」もあればいいです。

スマートリモコンを使ってBULB撮影が可能な機種は以下のです。是非、試してみては。

α7 II, α7R II, α7S II, RX100 IV, RX10 II, RX1R II、α5000, α6000, α7, α7R, α7S, α5100, RX100 III

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。