RAWデータも含めて容量無制限のストレージ「amazon drive」を8ヶ月使った結果は便利だった

シェアする



こんにちはYuu(@yuu_u1)です。

Amazonプライム会員限定の写真のRAWデータも含めて容量無制限の保存が可能な「Amazon Drive」を使い初めて約8ヶ月くらい経ちます。

使ってみて感想を書いておきます。

開始した頃にサブブログにアップした内容は以下の記事です。

あれから色々と写真を撮りまして、1.9TBほど保存しています。

また、外付けHDDに1TBほどデータが溜まってきたので、このAmazon Driveに保存しようと考えています。

スポンサーリンク



RAWで撮影する人には非常に便利なストレージ

このAmazon Driveを使うきっかけは、やはりRAWデータが容量無制限に保存可能なことです。他にもファイルやビデオなども保存できますが5GBまで無料という制約があります。しかし、Amazon Driveは写真の保存として割り切っているので自分にとっては関係ない制約です。

去年から自分はタイムラプスも全てRAWで撮っているので1ヶ月に15000枚近くのRAWデータになり、そこからJPEGに現像するのでハードディスクがすぐにいっぱいになってしまいます。

しかし使用したデータは、何回も繰り返し使う訳でもなく、万が一必要な時に使えればいいだけですので、このサービスは自分の利用方法にぴったりです。

使い方はシンプル

使い方は非常にシンプルです。

保存したい写真のファイルをAmazon Driveの画面に移動させるだけです。

Googleフォトも使っているのですが、一番不便に感じたのがフォルダの振り分けができないことです。しかし、Amazon Driveはファイルを管理するストレージなのでフォルダー管理が可能です。PC内のフォルダーと同じように保存が可能です。

保存したデータが必要になれば必要なデータや写真単位でPCにダウンロード可能です。

不便と感じる点

こんな便利なサービスですが、2点だけ不便に感じる点があります。

1.保存した写真を確認しにくい

1点目は保存した写真を確認しにくい点です。保存してしてしまえばほとんど見返すことはないのですが、いざ写真を探したいときは表示がリスト表示のみなので、写真を一枚一枚開かないと詳細がわかりません。

似たようなサービスの「Google ドライブ」は以下のように切り替えが可能です。

Google ドライブ リスト表示

Google ドライブ グリッド的な表示

2.保存時間がかかる

もう一点は、これはクラウドサービスなので仕方がないことですが、保存方法がネットを使って保存するサービスなので、1ファイル(1カット)保存でもだいたい1000枚以上の写真を保存し、YouTubeにアップするタイムラプスはだいたい20カットくらい使うので、20000枚以上のデータを保存するので、保存時間が非常にかかる点です。

保存時間はかかるのであれば、保存できるまで待てばいい話ですが、あとこれは回線によるものでしょうか?

比較的に早いネット環境ですが、時々上の写真のように何枚か失敗することがあります。RAWデータが失敗しなくてJPEGが失敗する場合もあります。

この失敗が出た時が面倒くさくて、その何千枚の中から探して移動するのが手間です。1発で完了してくれた時は非常にラッキーです。

PC版のアプリもあり、PCの専用フォルダーに保存すると自動的に同期してくれるのですが、そもそも自分は容量が多すぎるのですぐにPCのSSDの容量を超えてしまうので使っていません。

最後に

8ヶ月ほど使ってデータを保存してい使ってきましたが、一言で言うと非常に便利です。

自分のようにRAWで大量データを扱う人にとってはオススメのストレージです。

1TBのHDDでも10,000円弱はするので、年会費3,900円というのは非常にお得です。

しかも、以下のサービスも可能です。

写真のデータ保存に困っている方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

こちらから会員登録可能です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
趣味で神戸を中心に関西周辺の写真やタイムラプスや動画を撮っています。 SONYのカメラとiPhoneを愛用しています。 【最近のお問い合わせ事例】 ・タイムラプスの撮影依頼 ・夜景撮影の依頼 ・室内写真の撮影依頼
スポンサーリンク



シェアする

スポンサーリンク



コメント

  1. Aki より:

    はじめまして。私もAmazonドライブで写真を管理しています。
    私の場合、ブラウザやアプリの同期フォルダではなく、デスクトップアプリのアップロード機能を使っています。ブラウザでアップすると確かに失敗するファイルがよく出てくるのですが、アプリのアップローダーではめったに失敗しません。またブラウザだとアップロードの履歴がすぐ消えてしまいますが、アプリのアップローダだと履歴がしっかり残り、万が一アップに失敗してもどのファイルがアップできてないのか簡単に特定できます。
    すでに試しておられたらすみません。記事ではブラウザでアップされる方法とフォルダで同期する方法に触れられているようでしたのでコメントさせていただきました。

    • YUU より:

      コメントありがとうございます!時々、facebookページでお見かけしてました。

      アプリはダウンロードする時は、枚数制限がないので使っていまして、アップロードも以前試しました^^
      アプリの使い勝手は、簡単で便利なのですがデスクトップの前面に出しておかないと、ネットや他の作業をしていて、アマゾンのアプリが後ろに隠れる時はアップロードやダウンロードが進んでない感じがしまして、今はブラウザでアップしている次第です。
      Akiさんの場合はうまくいってますでしょうか??自分のPC設定の環境のせいかもしれません^^;