iPhone用の広角レンズ「tokyo grapher」のレンズが非常に素晴らしい!(iPhone X ,8 対応)

シェアする




こんにちはYuu(@yuu_u1)です。

今回はiPhone専用の広角レンズの紹介をします。

レンズは数年前にフォトコンテストで頂いたのと同メーカー「tokyo grapher」製のものです。

こちらがその時の記事です。

iPhone6/6s 専用レンズ「tokyo grapher」魚眼レンズ・ワイドレンズ・マクロレンズ!フォトコンテスト入賞で頂きました。

今回は、そのコンテストで頂いた広角レンズ(ワイドレンズ:Zero-Distortion WIDE LENS)が進化した「Zero-Distortion WIDE LENS PRO(ゼロ・ディストーション ワイドレンズ プロ)」というレンズです。

iPhoneで写真を撮る時にもっと広く撮れたらいいなと思うシーンはありませんか??

そんな悩みを解消してくれるのがこのレンズです。

対応機種は以下です。

iPhone 6/6Plus
iPhone 6s/6s Plus
iPhone 7/7 Plus
iPhone 8/8 Plus
iPhone X

スポンサーリンク



歪みの無い超広角!標準28mmを18mmに

レンズ名が「Zero-Distortion」と言うように歪みを無くしているレンズです。

そして画角はiPhoneの標準レンズが28mmに対して、このレンズを装着する事で18mm超広角の写真が撮れてしまいます。

下の写真でその画角の違いを体感してみてください。

広角レンズを付けた18mm

標準画角の28mm

上が広角レンズを付けた18mmの場合。下がiPhoneの標準画角の28mmです。

iPhoneが超広角18mmの画角を手に入れたら

この広角レンズを付けて写真を撮ってきましたので参考にどうぞ!

歪みが無く風景撮影には非常に向いています。

狭い室内でもダイナミックに撮影可能です。

 

高層ビルなどの建築物にも最適なレンズです。  

神戸のルミナリエも余裕で収まる画角です。

室内の部屋紹介の撮影等にも使えます。

タイムラプスを撮る時もiPhoneの標準カメラで撮るとさらに画角が狭まりますが、広角レンズを取り付けることで解消されます。

レンズの外観

実はあのそら玉レンズを作っているメーカで日本製です。素材はアルミニウムで非常に高級感があり持つとそれなりの重みもあります。非常にシンプルで格好いい外観です。

レンズの仕様

レンズ構成枚数 3郡6枚
焦点距離(35mm換算) 18mm
最短撮影距離 10mm
撮影倍率 0.66倍
画角 101°
サイズ Φ35x19mm
重量 26.5g
素材 レンズ:ガラス
鏡胴:アルミニウム
対応端末 iPhone 6/6Plus
iPhone 6s/6s Plus
iPhone 7/7 Plus
iPhone 8/8 Plus
iPhone X

レンズへの取り付け方法

何種類かマウントが用意されていますが、自分は一番おすすなのは以下のマウントです。

手前の黒い部品がレンズを取り付ける専用マウントです。

純正のiPhoneケースに裏側からはめる感じで取り付けます。

取り付けるとこんな感じでぴったりハマります。

あとはねじ込み式で、必要な時だけすぐに取り付けて使う仕様です。

ねじ込み式の固定なので、装着したまま歩いても外れることなく安心です。

追記

iPhone Xにも対応しました!

ついにBuilt-in Lens Mount(ビルトインレンズマウント)のiPhone X用が発売されましたので、iPhone Xにもtokyo grapherのレンズが使えるようになりまた。

専用ケースを提供していただきましたが、これ以外にもシースルなど3タイプのケースが用意されています。

ケースのレンズのくり抜きの部分にマウントをはめるだけです。

実はこのマウントは先ほど7 Plusの紹介でお見せしたように、iPhoneの純正ケースにも付けることが可能です。

あとはネジ込みで簡単に装着可能。

レンズをポケットに忍ばせて仕様したい時にサッっと取り出して取り付けるだけで18mmの超広角の世界が手に入ります。

最後に

自分は普段ミラーレスでも超広角レンズを使う事が多々あり、ミラーレスを持ってない場面でもiPhoneで写真を撮っているともう少し広く撮りたい場面がよくあります。

このレンズなら歪みの心配もなくiPhoneの標準の画角と違い18mmと十分広く撮れるので非常に重宝するレンズです。

そしていつも持ち歩いているiPhoneに簡単に装着できてこの画角が手に入れれる事で非常に満足のいくレンズです。

普段のiPhoneの画角から開放されたい方、一眼カメラのように多様な画角で写真を撮りたい方、このレンズを付ける事で写真の可能性が非常に広がります。

購入はこちらからtokyo grapherのサイトから可能です。

オススメの組み合わせは以下です。

これが先ほど取り付け方法で紹介したビルトインレンズマウントです。

こちらのイージフィットマウントもiPhoneにそのまま上からはめるタイプでケースを付けない人には非常にレンズの取り付けが簡単なマウントです。

#tg_zdwide_pro のインスタグラムのハッシュタグからZero-Distortion WIDE LENS PROの作例をご覧頂くことができます。

この記事のギャラリー

↓僕のiPhoneのみで写真を撮っているインスタグラムのサブアカです。

こちらの記事もどうぞ!

↓iPhoneで夜景を取る方法(よく読まれています

iPhoneで夜景を撮る3つの方法(標準カメラ・長時間露光・RAW)

↓同メーカーのiPhone専用50mmレンズ

iPhone専用のtokyo grapher「Telephoto LENS 50mm」レンズが遠景も近景も美しく写せる
iPhone6/6s 専用レンズ「tokyo grapher」魚眼レンズ・ワイドレンズ・マクロレンズ!フォトコンテスト入賞で頂きました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
趣味で神戸を中心に関西周辺の写真やタイムラプスや動画を撮っています。 SONYのカメラとiPhoneを愛用しています。 【最近のお問い合わせ事例】 ・タイムラプスの撮影依頼 ・夜景撮影の依頼 ・室内写真の撮影依頼
スポンサーリンク



シェアする

スポンサーリンク