霧の中の六甲山を「iPhone 6」で撮影。

シェアする

Processed with VSCOcam with hb1 preset

悪天候での写真は特別に素晴らしい雰囲気を出してくれます。

先日もこんな記事を書いたのですが・・

雨上がりの「リフレクション」を楽しむフォトグラフィー
去年の後半辺りから、雨上がりの水溜りを探すのにハマっています。 雨上がりでなくても雨の日の水溜りでもいいのですが、どちらかと言うと水面...

天気のいい日の写真はもちろん凄く綺麗です。しかし、普段はあまり目にする事の出来ない天候での写真も幻想的です。

昨日、神戸はすごい雨でした。神戸の山と言えば六甲山ですが、その六甲山にいい雰囲気の雲が掛かっていました。前々からチャンスがあれば霧の掛かった風景を撮りたいと思っていたので早速出かけてきました。

六甲山

やはり予想通りの凄い霧でした。

Processed with VSCOcam with hb1 preset

六甲ガーデンテラス付近に着いた時には、もう前が見えないくらいの霧でした。そして雨もひどい。しかし、目的はこの霧の掛かった風景を撮る事だったので何とか撮影しました。

この大雨の中、さすがに一眼を出すのは引けてしまいましたので、「iPhone」で撮りました。

スポンサーリンク

霧の六甲山をiPhone 6で撮影

以下が、iPhone 6で撮影した霧の中の六甲山です。

Processed with VSCOcam with hb1 preset

特にこの森林の写真はお気に入りの一枚です。自分が求めていた写真に近い写真が撮れました。

Processed with VSCOcam with hb2 preset

霧と道路のセンターラインのオレンジがアクセントになりいい感じに。

Processed with VSCOcam with hb1 preset

この霧の雨のなか傘をささずに犬を連れて散歩しているおじいちゃんが。。。

いい絵になると思い車を停めて撮ってみました。

ちょっと、、距離が遠すぎましたが。。

IMG_3305

IMG_3282

この鳥居も撮ろうか迷いましたが、絶対にいい絵になると思い、ほとんど見えない状態と少しの恐怖と葛藤しながらなんとか撮りました。急いで撮ったので構図を確認しているところではなかったのですが、いい雰囲気に仕上がりました。

最後に

山の霧の中は正直、不気味で多少なりとも怖かったです。しかし、想像していた絵が撮れてよかったです。

何よりも「iPhone」でパシャッと撮って、少しiPhoneの編集アプリで雰囲気を出すことでいい絵が撮れるという自信にも繋がりました。

あまり見慣れない悪天候は、凄いいい絵が撮れます。また、こんな機会があれば気をつけて撮りに行ってきます。

こんな記事もどうぞ!

iPhoneで撮影した「夜景」を更に綺麗に編集する方法 Ver.2
今回はiPhoneで夜景を撮影した後に、ノイズが少なく更に写真を綺麗に見せる編集方法を紹介します。 方法は写真を撮影した後に複数のアプ...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。