iPhoneで撮影した「夜景」を更に綺麗に編集する方法 Ver.2

シェアする

DSC03512

今回はiPhoneで夜景を撮影した後に、ノイズが少なく更に写真を綺麗に見せる編集方法を紹介します。

方法は写真を撮影した後に複数のアプリを利用して写真を整えていきます。

使用するアプリは以下。

Snapseed

Adobe Photoshop Fix

VSCO

では、本題に入っていきます。

IMG_3070

iPhone 6標準カメラ 無加工

コチラがiPhone 6の標準カメラので撮影した、撮って出しの無加工の写真です。

時間帯は確かPM9:00頃で完全に日が落ちて真っ暗な時間帯です。

これでもいいと言う方もいるかもしれませんが、ここからもう少しはっきりした絵にしていき下の写真に仕上げました。

Processed with VSCOcam with hb1 preset

Processed with VSCOcam with hb1 preset

色の好き好みは人それぞれあると思いますが、どのように編集したか紹介していきます。

スポンサーリンク

Snapseedでラインを強調

まずいつも私がiPhoneの写真編集アプリを使うときに最初に使うのが「Snapseed」。

あらゆる写真の編集が簡単にできるのでインストールしている方も多いと思います。

まだインストールされていない方は、無料なので是非使ってみて下さい。

Snapseed

無料
(2016.02.16時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ

私がSnapseedの機能でよく使うのが、「HDR風」と「画像調整」です。

場合によっては「ディテール」や「モノクロ」機能も優れているので使います。

あまりにも構図がおかしい時は「切り抜き」や「変形」も使用しますが、大半は「SKRWT」という別のアプリで処理しています。

今回は「HDR風」と「画像調整」を使います。

それでは早速アプリを立ち上げるところから説明していきます。

IMG_3088

アプリが立ち上がると写真を取込みます。

IMG_3089 IMG_3090

カメラロールの写真の中から取り込む写真を選択します。

IMG_3091

IMG_3092

写真を撮りこむと上の画面になります。これが基本の画面になります。

ここから各種編集する場合は右下の「ペン」マークをタップします。

IMG_3095

タップすると「ツール」画面が現れます。

先程お伝えしたように「HDR風」と「画像調整」を使います。

①私は最初に「HDR風」を使います。

IMG_3093

「HDR風」をタップすると写真の絵がかなり強調されます。

そして夜景の場合は特にノイズが強くなります。

IMG_3094

そのためフィルタの強さを適度に調整します。

今回は「+30」にしました。この辺りはその時の写真によって自分の感覚で調整してください。

②次に「画像調整」を使います。

IMG_3096

コチラが「画像調整」の画面です。今回使ったのは「明るさ」と「アンビアンス」。

この調整もやりすぎると、写真に粒々のノイズが多く現れるので注意して下さい。

IMG_3097

調整した写真が上の写真です。見て分かるようにやはり画像を強調したので「ノイズ」が出ています。特に空は凄く目立ちます。

とりあえずSnapseedの作業は終了なので編集した写真を保存します。

次にこの空のノイズを滑らかに見えるように仕上げます。

Photoshop Fixでノイズを和らげる

では、次にAdobe Photoshop Fixを使います。

Photoshop Fixも写真の編集がいろいろ調整できる便利なアプリです。

しかし、大半の調整はSnapseedに任せて、ここでは先程のノイズを少なくしていきます。

IMG_3098

立ち上げるとこのような画面がでるので右上の「+」をタップして写真を取り込んでいきます。

IMG_3099

先程Snapseedで編集した写真を使いますので「iPhoneから」を選択して、保存した写真を選んでください。

IMG_3100

使うのは「スムーズ」と言う機能。

IMG_3101

この「スムーズ」を使う事で、写真が柔らかく編集されるのでこの機能を先程のノイズが目立つ部分に使っていきます。

IMG_3102

使い方は簡単で、「スムーズ」を選択して気になるところを指でなぞるだけです。

IMG_3104

お分かりいただけるでしょうか?右側の空をなぞってみました。

ノイズが無くなって見えるのが分かるでしょうか?

IMG_3106

どこをなぞったか、やり残しがないかなどを調べる場合は左側の「ペン」をタップすると上のようなツールが出てきます。

その一番下の丸のドットを選択すると、上の画面のようにどこを編集したかが一目で分かるマーカーが表示されます。

IMG_3107

更に、拡大もできるので細かいところまで編集できます。

こちらが編集後の写真です。

IMG_3118

Photoshop Fixで編集後

下が先程の編集前です。

IMG_3097

編集前

ノイズが和らいだだけで印象が違うのが分かると思います。

ここで注意したいのが、これは空だけに使うのがおススメです。建物なのどに使うと建物自体のディテールが失われるからです。空なら少しくらい雲の雰囲気が柔らいでも気にならないからです。

では、これで一通り完了なので写真を保存します。

※もしこのアプリ以外にノイズを取るのに適したアプリがありましたら教えてください。

好みに応じてフィルタで色を当てる

先程のPhotoshop Fixの処理で完了でもいいと思います。

更に雰囲気のある写真に仕上げたい場合は「VSCO」などのフィルターが豊富なアプリで色を当てます。

私は「VSCO」が使いやすいのでVSCOを使い下のような冒頭でお見せした色に仕上げました。

VSCO

無料
(2016.02.16時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ
Processed with VSCOcam with hb1 preset

Processed with VSCOcam with hb1 preset

参考までにこの写真は「VSCO」のHB1フィルターを使い、その後「フェード」と「明るさ」を調整しました。

一応、冒頭でお見せしたiPhone6の標準カメラで撮った写真を載せておきます。

IMG_3070

iPhone6標準カメラ 無加工

最後に

いかがでしょうか?以上が私のiPhoneで撮影した夜景の編集方法です。

紹介した方法をまとめるとこんな感じです。

1.iPhoneで夜景を撮影。

2.SnapseedAdobe Photoshop Fix等のアプリを利用して下地を整える。

3.VSCO等のアプリで雰囲気の色を当てる。

少し手を加えるだけでiPhoneで撮った写真も味のある夜景に変わります。もちろん夜景だけでなく、日中の写真にも適応できます。

※ここまで書いていてアレですが・・正直iPhoneはまだまだ夜景に弱いです。私が紹介している写真はある程度、夜景でも光量がある場所です。極端に暗い場所で灯りがポツポツとある夜景ではかなり厳しい結果になるので注意して下さい。

更に、私が別のエントリーで紹介している「NightCap Pro」などの夜景に強いアプリで撮影して、今回の編集を行う事でかなり綺麗な夜景の写真が出来上がります。

参考にその一部の写真を載せておきます。

app:NightCap Pro

app:NightCap Pro

NightCap Pro

NightCap Pro

IMG_3116

NightCap Pro

あくまでもこのやり方が正しいと言う訳ではないですが、是非参考してみて下さい。

コチラの記事もどうぞ!

iPhoneを使って一眼並に劇的に「夜景」を綺麗に撮る方法!「NightCap Pro」アプリ  ミラーレス一眼と比較あり 長時間露光
多くの方がiPhoneで写真を撮って楽しんでいると思います。 また綺麗な夜景もiPhoneで残したいとい方も多いと思います。 今回は...
iPhoneの「標準カメラ」で夜景を少しでも綺麗に明るく撮る方法
今回は、iPhoneの標準カメラで夜景を少しでも綺麗に撮る方法をお伝えします。 前回はアプリを使って夜景を撮る方法をお伝えしました。 ...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。