ソニー 「Xperia Z4」フラッグシップスマートフォン発表!Android 5.0搭載

シェアする

ソニーモバイルから、Xperiaのフラッグシップ「Xperia Z4」が発表されました。

XperiaZ40

XperiaZ4

進化したポイントは、Xperia Z3より更に薄くなり持ちやすくなったデザイン。

仲間との撮影やシェアを楽しめる、広角25mmフロントカメラ搭載。

高音質なワイヤレス音楽再生を可能にするLDAC™に対応です。

発売は今年の夏以降に国内で販売される予定です。

スポンサーリンク

『Xperia Z4』の主な特長

デザイン

カラーバリエーションはホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーンの4色展開。

pic01_b

約5.2インチの大画面ディスプレイを搭載。

前モデルのXperia Z3に比べ、約0.4mmの薄型化、約8gの軽量化を図り、薄型・軽量で持ち運びやすいボディへ。

(Xperia Z4: 厚さ 約6.9mm 重さ 約144g、Xperia Z3: 厚さ 約7.3mm、重さ 約152g)
サイドのメタルフレームは、メタルを磨き上げ、輝きを高める処理を施しています。

コーナーには、着色した樹脂の上に透明な樹脂を重ねる二層加工を施すことで、使い込んで傷ついても輝きと色味を失いにくい構造にしています。

Micro USB端子のカバーがなくなり、“キャップレス防水”を採用しています。

今まで充電時のキャップは面倒でしたが、これで日々のストレスが解消されます。

XperiaZ42

メインカメラに加え、フロントカメラにも最先端技術を搭載

XperiaZ48

【フロントカメラ】

自分撮りに便利なフロントカメラに進化。

焦点距離25mmの広角レンズ、且つ約510万画素のイメージセンサー Exmor R for mobileを搭載。

電子式手ブレ補正機能をさらに進化させた「インテリジェントアクティブモード」の搭載
シャッターを押す際のブレ防止や、ポーズをとる時間など、目的に合わせて0.5秒、2秒、10秒と、3種類のセルフタイマーのパターンの設定が可能。

【メインカメラ】

コンパクトデジタルカメラと同等サイズの1/2.3型、約2,070万画素のイメージセンサー Exmor RS for mobile搭載。

高精細撮影を実現する画像処理エンジンBIONZ(ビオンズ) for mobileなど、ソニーが培ってきたカメラ・カムコーダーの最新技術を結集しています。
1/2.3型の大型イメージセンサーとISO12800対応により、コンパクトデジタルカメラと同等の高感度撮影を実現します。

LDACに対応

既存の技術に比べて最大約3倍の情報量で、高音質なワイヤレス音楽再生を実現する音声圧縮技術LDACに新たに対応し、高品位な音楽体験を実現します。

主な仕様

機種名 Xperia Z4
OS Android 5.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 810(MSM8994)/2.0GHz+1.5GHzオクタコア
メインメモリ 3Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大128Gバイト)
ディスプレイ 約5.2型フルHD TFT液晶
解像度 1080×1920ピクセル
バッテリー容量 2930mAh
メインカメラ 有効約2070万画素CMOS
インカメラ 有効約510万画素CMOS
動画 〈メインカメラ〉
4K(2160p)、フルHD 60fps(1080p)/フルHD 30fps(1080p)

HD(720p)/VGA(480p)/ MMS

〈フロントカメラ〉
フルHD(1080p)/ HD(720p)/ VGA(480p)/MMS

ボディカラー ホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーン
サイズ 約72(幅)×146(高さ)×6.9(奥行き)ミリ
重量 約144グラム

XperiaZ46 XperiaZ48 XperiaZ45 XperiaZ41 XperiaZ49

sonymobile

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。