tokyo grapher「 iPhone 専用レンズ」で動画を試し撮り

シェアする

Processed with VSCOcam with e1 preset

久しぶりにiPhone6を使って動画を撮ってきました。

今回は普通に撮ったのではなく、去年tokyo grapherさんから頂いたiPhone専用レンズを使いました。

iPhone6/6s 専用レンズ「tokyo grapher」魚眼レンズ・ワイドレンズ・マクロレンズ!フォトコンテスト入賞で頂きました。
今回はiPhone用に設計されたレンズの紹介をします。 このレンズは、宙玉レンズやレンズのフィルターを手掛けている株式会社コゾフィルタ...

このレンズを使って写真は撮っていましたが、肝心の動画は試してなかったので撮ってきました。

tokyo grapherの「ワイド アングル」レンズの画角はiPhone6の写真の画角が29mm(35mm換算)なので、23mmとなります。

ビデオ時の画角は不明ですが、おそらく35mmくらいではないかと思いますので、レンズを付けると26mmくらいになります。

やっぱりこの差は非常に大きいです。特にタイムラプスの時は「ワイドアングル」は役立つわけですよね。

下の写真で画角の比較を見てみて下さい。

Taken with NightCap Pro. Light Trails mode, 13.25 second exposure.

標準の画角 29mm

Taken with NightCap Pro. Long Exposure mode, 16.60 second exposure.

ワイドアングル使用時 23mm

これだけ写る範囲が広くなるんです。レンズの取り外しは簡単なので画角を変えたい時は非常に便利です。

使用したレンズは、「Wide angle」と「Fish eye」です。

最後の方のタイムラプスのみ三脚を使用しています。

Processed with VSCOcam with hb1 preset

それ以外は手持ち撮影のためブレが多少あります。撮影後の編集は、今回はiPhoneのiMovieは使っていません。

編集は、一眼で撮った時と同様の方法です。コチラの「撮影から編集」を参照にしてみて下さい。

それではコチラがtokyo grapher Lensを使用した動画です。

このレンズを使ったタイムラプスはコチラをどうぞ。

久しぶりの「iPhone 6」でのタイムラプス。強風の雲の流れを撮影
久しぶりにiPhone6でタイムラプスを撮ってきました。 iPhoneのiOS8以降には標準カメラにタイムラプス機能が搭載されています...

コチラの記事もどうぞ!

iPhoneを使って一眼並に劇的に「夜景」を綺麗に撮る方法!「NightCap Pro」アプリ  ミラーレス一眼と比較あり 長時間露光
多くの方がiPhoneで写真を撮って楽しんでいると思います。 また綺麗な夜景もiPhoneで残したいとい方も多いと思います。 今回は...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク