Nikon D7200遂に正式発表!! 前モデルD7100やD5500と比べて思う事

シェアする

main_01

遂に「Nikon D7200」が正式発表されました。

発売日は、2015年3月19日発売予定

本体の販売価格は、「価格.com」で13万円台からとなっています。

本体単体以外にもレンズキットも同時販売予定。

・D7200 18-140 VR レンズキット
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR付き

・D7200 18-300 VR スーパーズームキット
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR付き

・D7200 バッテリーパックキット
マルチパワーバッテリーパック MB-D15付き※数量限定

今回数量限定でバッテリーパックのセットも販売。もともとNikonユーザならお得なセットですよね。

スポンサーリンク

現時点でニコンのAPS-Cの最上位モデル

ニコンの7000番台は一眼レフの中でミドルクラスとなります。

以前、D7000を使っていましたので使い勝手の良さは優れていたので気になるカメラです。

APS-C機では、去年、キヤノンEOS 7D Mark IIが発売され圧倒的な人気機種となり、Nikonファンにとっては、APS-Cの上位モデル待望の7000番台の新機種だと思います。

とは言いつつも、やっぱりNikonファンの方は「D300」の後継機となる機種が欲しかったとおもいます。

AFの性能を高めたミドルクラス

前モデルのD7100とフォーカスポイントは51点と同じですが、フルサイズ機D750と同じアドバンストマルチCAM 3500IIを搭載。

ISOの常用感度はD7100より2段向上したISO25600に対応。

画像処理エンジンはEXPEED 3からEXPEED 4になり、オートホワイトバランスが向上。

上記のエンジン搭載により、約6コマ/秒で止まらずに100コマまで撮り続ける余裕のバッファー容量。

また写真を撮影した後に、瞬時にスマホに送れるWi-Fi内蔵

ちょっと残念なのが、液晶が固定式である事です。

D750がチルト液晶で、動画の性能もアップしているとのことなのでチルト液晶は期待していましたが残念です。

また、前モデルD7100とデザインも大きな変化はなさそうです。

product_05
product_02
product_04
product_03

まとめ

前モデルと比較すると、AFの向上でしょうか。

マイナーチェンジ的な位置づけというと失礼かもですが、大きくバージョンアップしたところはあまり見えません。

ミドルクラスとして改善するところはしっかり改善され堅実なミドルクラスとしてバージョンアップされた印象です。

特にD7200のメイキングのYoutubeを視聴して、あらゆる環境に対応したAPS-Cの上位機種だと感じました。

D7100と比べてどうなのか?

product_01_g_A_01

発表前までの噂では、チルト液晶では?と言われていいましたが、固定式となっています。

この辺りを含めても、まだD7100も買いだと思います。

この発売と共に、D7100の値段も下がるのではないかと思います。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

D7000を使っていた方にとっては、D7200への買い替え対処に入る機種だと思います。

D5500との比較

product_01 (1) product_04 (1)

先行して発売されているNikonD5500と比べてどうでしょうか?

D5500は、ミドルエントリーモデルのような位置づけで、一眼レフを始める人にも使いやすいカメラだと思います。

軽量化されたモノコック構造やバリアングル液晶など、小さいお子さんを撮影するのにも適したカメラだと思います。

その重さもD7200が約675gに対してD5500は約420gと持ち運びに便利です。

カメラとしてのしっかりとした機能で使いこなしたい場合はD7200。

軽量でフットワークの取れた写真を撮りたい場合はD5500がおススメだと思います。

関連

新発表のNikon D7200の公式映像まとめ

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。