国内で世界最小光学30倍ズーム サイバーショット『DSC-HX90V』『DSC-WX500』正式発表!

シェアする

dsc_main_hx-wx_1505

ソニーは、光学30倍の高倍率ズームレンズ搭載のコンデジとして世界最小を実現した、サイバーショット『DSC-HX90V』(幅102.0×高さ58.1×奥行35.5mm)と『DSC-WX500』(幅101.6×高さ58.1×奥行35.5mm)の2機種を発表しました。

発売日は、両機種とも6月5日から。

『DSC-HX90V』主な仕様と特長

4989481735

・ZEISS Vario-Sonnar T* 30倍ズーム レンズ
・5軸手ブレ補正
・2000万画素 1 / 2.3型 Exmor R CMOSイメージセンサー
・BIONZ X画像処理プロセッサー
・内蔵ポップアップ EVF OLED Tru-Finder
・92.1万ドット 3インチ 180度可動液晶
・Full HD 動画はXAVC S フォーマットによって、50Mbpsで撮影可能
・フラッシュ内蔵
・Wi-Fi/NFC搭載

「DSC-WX500 」主な仕様と特長

DSC-WX500_180-tilt

・ZEISS Vario-Sonnar T* 30倍ズーム レンズ
・60倍超解像ズーム
・5軸手ブレ補正
・2000万画素 1 / 2.3型 Exmor R CMOSイメージセンサー
・92.1万ドット 3インチ 180度可動液晶
・Full HD 動画はXAVC S フォーマットによって、50Mbpsで撮影可能
・Wi-Fi/NFC搭載

海外の発表はコチラから

【参考】

ソニー2015NBAで5軸手振れ補正搭載 サイバーショット「HX90V / HX90」と「WX500」発表!

スポンサーリンク

両機種の違い

『DSC-HX90V』『DSC-WX500』の大きな違いは、EVFの搭載か非搭載です。

original_hx90v_img_02

僕はファインダー搭載の方が、屋外でも撮影しやすいのでおススメです。

その理由はコチラを。

その他、撮影後の画像処理や動画撮影時のエフェクトなどもHX90Vが優れています。

発売予想価格
『DSC-HX90V』 55,000円前後
『DSC-WX500』 43,000円前後

まとめ

以前のエントリーでも書きましたが、HX90Vは、高級コンデジRX100m3のようなデザインになり使いやすさも一新しました。

そして、RX100m3は、オートフォーカスが遅いのが欠点でしたが、約0.09秒の高速オートフォーカスを実現した「ファストインテリジェントAF」を搭載しています。

「ファストインテリジェントAF」

α7シリーズの「空間被写体検出」アルゴリズムをさらに進化させ、シャッターボタンを半押しする前の段階からカメラがピントを予測。半押しすると同時に、迷いなく一気にピントを合わせます。進化した高速AFで一瞬のシャッターチャンスを逃しません。(SONYより)

高倍率のコンデジとしては、最小クラスでRX100m3並に機能も盛ってきたので、これは旅行用やそして、AFスピードの向上でお子様を撮るにも最適なカメラではないでしょうか!

【関連】

ソニーのサイバーショット新型「DSC-HX90V」と「RX100m3」の簡易比較

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。