「iPhone 6s / 6s Plus」に搭載「3D Touch」の「Peek(ピーク)」と「Pop(ポップ)」とは

シェアする

1新型「iPhone 6s / 6s Plus」に搭載される「3D Touch」。

このiPhoneを快適に操作可能にする操作が3D Touchの「Peek(ピーク)」と「Pop(ポップ)」だ。

スポンサーリンク

「Peek(ピーク)」と「Pop(ポップ)」とは

これまでのiPhoneやスマートフォンの操作は、タップ、スワイプ、ピンチといったおなじみの平面上(2D)のMulti-Touchジェスチャーだった。

この操作により、タッチパネルの操作が一段と快適で素早く情報へアクセス可能となった。

「Peek(ピーク)」と「Pop(ポップ)」で更に快適操作へ

この従来型の操作に加えて新型「iPhone 6s / 6s Plus」には「3D Touch」と言う新機能が加わった。

それにより生まれたのが「Peek(ピーク)」と「Pop(ポップ)」だ。

「軽く押す」動作のことを「Peek(ピーク)」、「深く押す」動作のことを「Pop(ポップ)」と呼び、画面を押し込む操作が使用できる。

PeekとPopの使用例

Eメール

2

Eメールの場合は、受信一覧で見たいメールがあれば、軽く押す「Peek」します。

内容が、手前に表示されます。これで十分な情報なら手を放して戻る。

それ以上の情報を得たい場合は、深く押す「Pop」します。

更にPeek中にスワイプさせるとEメールを削除する事が可能。

6

ウェブサイト

3

ウェブサイトでも、リンクをPeekして覗く。

Peekをやめると元の画面へ。

更にPopすると、ウエブサイトを開くことが可能。

まとめ

このPeekとPop以外にも3D Touchには、「クイックアクション」という操作で頻繁に使用する機能へアクセスが可能。

8

ホームボタンのカメラアプリのアイコンを長押しして、カメラ内の機能を表示させて使用するといった方法。

メッセージもアイコンを長押しして、すぐに新規メッセージ画面へ移動することが可能。

7

従来のタップ、スワイプ、ピンチといった、マルチジェスチャーがスマホの操作を快適にしてきましたが、それに加えて3D Touchが更に操作を豊かに快適に操作可能にしてくれそうです。

下の動画は、「3D Touchを搭載した、iPhone 6sとiPhone 6s Plusを紹介」した日本語版なので、発売前に操作のチェックして、購入後にはスムーズに操作をしてみては。

コチラの記事もどうぞ!

「iPhone 6s/6s Plus」のカメラ機能がどれくらい進化したか比較してみた
Appleのスペシャルイベントにてついに「iPhone 6s / 6s plus」が正式に発表されました。 デザインはiPhone6と...
iOS版「iMovie 2.2」リリース。4K動画編集や60フレームの1080p HDに対応
iMovie 600円 (2015.09.17時点) iTunes で見る Apple posted with ポチレバ i...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク