「iPhone 6s/6s Plus」のカメラ機能がどれくらい進化したか比較してみた

シェアする

1

Appleのスペシャルイベントにてついに「iPhone 6s / 6s plus」が正式に発表されました。

デザインはiPhone6と同じですが、3Dタッチやカメラの向上。

その他、細かいボディの仕様等が変わっています。

【正式発表】iPhone6s / iPhone 6s Plus 3Dタッチや4K動画対応など
遂に日本時間の10日に、Appleから「iPhone6s / iPhone 6s Plus 」がありました。 予約は9月12日より。受...

その中でも私が気になるのが、12メガピクセル4Kビデオに対応したカメラ部分です。

そしてカメラ機能だけでなく、iMovieを使た編集が4K対応になったりしています。

そのカメラ機能を少し先代モデルと比べてみます。

スポンサーリンク

「iPhone 6s / 6s plus 」のカメラについて

iSightカメラ(背面)

iPhone 6s plus iPhone 6s iPhone 6 plus iPhone 6 iPhone 5s
12メガピクセルiSightカメラ

(1.22ミクロンのピクセルを使用)

8メガピクセルiSightカメラ

(1.5ミクロンのピクセルを使用)

ƒ/2.2
Live Photos
光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ

補正

強化されたローカルトーンマッピング ローカルトーンマッピング
強化されたノイズリダクション ノイズリダクション
サファイアクリスタル製
レンズカバー
True Toneフラッシュ
裏面照射型センサー
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス オートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用 タップしてフォーカス
露出コントロール
写真の自動HDR
パノラマ(最大63Mピクセル) パノラマ

(最大43Mピクセル)

パノラマ

(最大28Mピクセル)

自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付

iSightカメラは「12MP」へ

5

6

カメラの強化部分の一番は、ピクセルの向上です。8メガピクセルだったカメラは、ようやく1000万画素を超え、チップ上の位相検出センサー(いわゆるフォーカス画素)の数も同様に50%増加した12メガピクセルまで上げてきました。

Focus Pixels(位相検出センサー)や強化されたローカルトーンマッピング(HDR)により、シャッターを押すだけで綺麗な写真が今までのiPhone以上に撮影できるのではと思います。

3

iPhone6のフォトギャラリー>

Live Photos

Live Photosは静止画を撮影して、その前後の動きと音まで記録する撮影です。

(CNET:iPhone 6S and 6S Plus hands-on, with 3D Touch

ビデオ撮影

iPhone 6s plus iPhone 6s  iPhone 6 plus iPhone 6 iPhone 5
4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
1080p HDビデオ撮影
(30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影
(30fps)
True Toneフラッシュ
ビデオの光学式手ぶれ補正
1080p(120fps)および720p(240fps)のスローモーションビデオに対応 スローモーションビデオ(120fpsまたは240fps) スローモーションビデオ(120fps)
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ タイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影 ビデオの撮影中に静止画を撮影
再生ズーム
顔検出
3倍ズーム
ビデオへのジオタグ添付

4Kビデオ

「iPhone 6s / 6s plus」のビデオ機能で一番の進化は4K動画の記録が可能になった事です。

4Kとは、HDビデオの4倍の解像度で撮影できるという事です。そのため鮮明な映像が残せます。

2

4Kビデオを撮影または再生しながら、800万ピクセルを持つ静止画を撮影したり、映像を拡大することもできます。

iPhone 6s Plusでは、写真だけでなくビデオ撮影でも光学式手ぶれ補正が使えます。

iMovieの編集で4K対応

4

もう時期リリースされる、新しい「iMovie2.2」を使えば、iPhone 6sは4Kビデオを撮影、編集できます。

その為に今回のiPhone 6sの新機能の「3D Touch」や「A9」チップは、iMovieでの4Kビデオの編集には欠かせないスペックです。

iMovie

600円
(2015.09.10時点)
posted with ポチレバ

手ぶれ補正機能を使ったタイムラプス

タイムラプスは基本的に、静止して何分か同じ場所を撮影しますが、「iPhone 6s / 6s plus」では、タイムラプスに手ブレ補正が効くのでハイパーラプスのような映像が撮影できます。

FaceTimeカメラ(前面)

iPhone 6s plus iPhone 6s iPhone 6 plus iPhone 6 iPhone 5
5メガピクセルの写真 1.2メガピクセルの写真
ƒ/2.2の開口部
Retina Flash
720p HDビデオ撮影
写真とビデオの自動HDR 写真の自動HDR
裏面照射型センサー
顔検出
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード

5メガピクセル

3「iPhone 6s / 6s plus」のFaceTimeカメラは5メガピクセルに向上しています。

またRetinaディスプレイがフラッシュとして機能します。

セルフィーが美しく撮影できます。

まとめ

「iPhone 6s / 6s plus」のカメラの進化を見てみました。

このように比較すると、静止画の「12メガピクセル」「Live Photos」、ビデオの「4K」は、前モデルには無い魅力的な進化です。

12メガや4K動画が撮影できるようになり、ストレージ(保存容量)をかなり消費すると思います。

普段4K搭載のデジカメで64GBのSDカードを使用していますが、使用頻度によりますがすぐにいっぱいになるので、一番容量の低い16GBモデルでは、あっという間に容量がいっぱいになりそうです。

できたら128GBが欲しいところですが、iPhone 6sの128GBで¥110,800 (税別)ですから12万円近い価格です。ちょっと個人的には高いです。

あと、新しいiMovieを使い4K編集できるのもかなり魅力的です。

これは、別のデジカメで撮影した4KもiPhone 6sに取り込んでくれるのでしょか?取り込んでくれれば、外で編集できますからますます便利になります。

もし購入するなら個人的には、「iPhone 6s」の64GBモデル¥98,800 (税別)でしょうか?

でも高いですね。。

ちなみにiPhone6でも4K動画は「ProCam 3 」というカメラアプリを使えば撮影可能です。

iPhone6sのカメラは魅力的ですが、まだiPhone6に機種変して半年くらいで、カメラ機能に不満があると言う訳では無いので、とりあえず発売して様子を見てみます。

iPhoneに関するカメラ記事はコチラもどうぞ!

【厳選】iPhone「カメラ/写真編集/ビデオ」アプリ14本 写真好きがAndroidからiPhone6へ機種変してダウンロードしたアプリをまとめてみた
先日AndroidからiPhone6へ機種変しました。 機種変した理由は、先日のエントリーでも書きましたが、アップルの公式ページに載っ...
iPhoneを使って一眼並に劇的に「夜景」を綺麗に撮る方法!「NightCap Pro」アプリ  ミラーレス一眼と比較あり 長時間露光
多くの方がiPhoneで写真を撮って楽しんでいると思います。 また綺麗な夜景もiPhoneで残したいとい方も多いと思います。 今回は...
iPhone6のカメラが素晴らしい!ここまで「動画」が撮れればデジカメ不要!撮影から編集まで簡単
今更ですが、「iPhone6」に機種編しました。 今までメインの携帯は「Xperia Z1f」を使い、サブで「iPhone5s」(Wi...
噂に聞いていたiPhone用の動画編集アプリ『iMovie』がスゴイ件
最近、動画にハマっていて今まで使ったことがなかった、iPhone用の動画編集アプリ『iMovie』を使ってみました。 iMovie ...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。