iOS 12リリースでiPhoneとiPadのRAWデータの読み込みが速い

シェアする




iOS 12が本日9月18日にリリースされました。

大まかにはパフォーマンスがアップしていて、iPhoneやiPadがサクサク動く様になりまた。

他にも色々と追加された機能もあるので公式ページを見てみてください。

スポンサーリンク



iPadのRAWデータの読み込みが速い

今回のアップデートで色々触ってみて嬉しかったのが、iPadで写真のRAWデータを読み込む速度です。

iPhoneやiPadで一眼カメラなどで撮影したRAWは純正のSDカードリーダーで読み込む事が可能です。

しかし、今まで読み込み時間が非常に掛かっていましたが、今回のアップデートでiPadの第6世代で試したところ72枚のRAWデータがわずか7秒ほどで読み込み完了しました。

下の動画でその様子が見れます。

これは感動クラスに速い読み込みです。

iPhone 7 Plusでも同じくらいの速さで読み込んでくれました。

今までLightroomなどのアプリを使ってRAW現像していましたが、標準の写真アプリでもRAW現像が可能になっています。

RAW編集に対応

A9チップ以降を搭載したiPhoneとiPadの写真アプリケーションで、RAW画像を編集できるようになりました。

公式ぺージ

コチラの記事もどうぞ!

新型iPhoneのカメラ性能の比較

【カメラ性能 比較】新型iPhone XS / XS Max / XRと旧型iPhone XやiPhone 8とのカメラ機能比較

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
趣味で神戸を中心に関西周辺の写真やタイムラプスや動画を撮っています。 SONYのカメラとiPhoneを愛用しています。 【最近のお問い合わせ事例】 ・タイムラプスの撮影依頼 ・夜景撮影の依頼 ・室内写真の撮影依頼
スポンサーリンク



シェアする

スポンサーリンク