「GoPro HERO4 Session」登場!史上最小、最軽量

シェアする

CHDHS-101_main2

新しいGoProが発表されました。

GoPro HERO4 Session

それは、GoPro史上、最小・最軽量を誇る今までのシリーズとは全く違うデザインで登場です。

今までのGoProのレンズのみみたいなデザインですよね。

CHDHS-101_main1

ハウジング不要の防水性能

また小さいだけでなく、ハウジングなしの単体で水深10mまで対応。

CHDHS-101_life1

動画性能も4Kは撮影できないものの今までの高画質を実現

HERO4 Sessionの動画は、1440p30と1080p60の高解像度な動画を記録可能です。

720p100という高フレームレートにより、スローモーションも驚くほどスムーズに再生可能。

静止画の撮影は最大3264 x 2448px(8MP)。

秒間10コマのバーストモード、タイムラプスモードも可能。

スポンサーリンク

仕様

カメラ本体の重さは74g。microUSB ケーブル、曲面用マウントおよび平面用粘着マウントが付属します。

HERO4_Session_Feature_13_Battery

バッテリーはカメラに直接内蔵されており、満充電状態での撮影時間は最大2時間です。

ちょっとこの内蔵と言うところが、バッテリーが交換できないので長時間撮影したら充電するまで使えないのがネックです。

GoPro HERO4 Session の国内発売は7月16日。税別価格は5万2000円。サーフボード用マウンタが標準で付属する GoPro HERO4 Session / Surf も同時発売です。

公式動画

コチラはHERO4 SILVERとの比較動画です。

映像のディティールなどは、コンパクトサイズの影響か、HERO4 SILVERのほうが綺麗です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。