【4K】搭載 高級コンデジ「RX100m4」と「LX100」を比較

シェアする

4

4K動画記録が可能となった、RX100m4。4K撮影が可能なコンパクトデジカメとしては、Panasonicの「LX100」が比較対象に挙げられるのではないでしょうか?

【ファースト レビュー】RX100m4を一日使ってみての感想。期待通りの高級コンデジ。動画撮影の設定がスゴイ。しかしスローモーションの使い勝手が・・
7月31日に発売されたSONYの「RX100m4」の紹介です。 私は、RX100、RX100m3と使ってきてRX100シリーズは、今まで使...

先日のエントリーでは、RX100m4とRX100m3と比較しましたが、動画撮影を頻繁に行わないなら「RX100m3」で十分と書きました。

【比較】SONYサイバーショット「RX100m4」と「RX100m3」 (外観比較やスペック比較あり)
待望のSONYのサイバーショット「RX100m4」が発売されました。 RX100m3とは、外観やサイズはほとんど変わらないものの、セン...

では、4K撮影や動画を撮りたい方には、この「RX100m4」と「LX100」はどのような差があるのでしょうか?

スポンサーリンク

SONY RX100m4とPanasonic LX100

写真は、以前RX100M3とLX100を同時に撮影していた写真を使わせて頂きます。

(RX100M4はRX100M3とほとんど外観とサイズが同じため)

31 - 1

DSC08488

上の写真は、左が「LX100」、右が「RX100m3」です。

RX100m4は、RX100m3とサイズが同じなので参考にして頂けると幸いです。

せっかくなのでサイズの面から比較すると、RX100m4の方がコンパクトです。

それは、センサーのサイズがLX100の方が大きい理由もあげられます。

幅x高さx奥行き

RX100m4:101.6×58.1×41 mm

LX100      :114.8×66.2×55 mm
重量

RX100m4:本体:263g

LX100      :本体:351g

RX100m4は、ポケットにも納まるサイズです。(もちろんポケットの大きさにもよりますが)LX100はレンズとファインダーの出が大きいのでポケットには入れにくいです。

全体的にRX100m4の方がコンパクトでフラットな形状なのでカバンにも収まりやすいです。

RX100m4の良いところ

RX100m4がLX100よりも良さそうな点を挙げます。

※写真はソニーストア先行展示のRX100M4です。

・コンパクト(持ち運び面)

写真 2015-07-11 12 16 23

上記に記載したように、高画質・高機能を持ち運びしやすい大きさ。

・NDフィルター内蔵

昼間に動画を撮影するなら私としては必須アイテムです。

NDフィルター内蔵で、明るい時にも開放で撮影できたり、水の流れを撮影する時にシャッタースピードを遅くして撮影する時に便利です。

・新型センサーで、超高速撮影や処理速度の向上

RX100m3の5倍の処理速度やハイスピード動画記録(HFR)も可能。

・液晶の可動

写真 2015-07-11 11 42 01 写真 2015-07-11 11 41 49 写真 2015-07-11 11 41 40

液晶が可動する事でローアングルやハイアングルの撮影が行いやすい。特にタイムラプス撮影では三脚に添えて行うため重宝します。

・USB充電

スマホと同じUSBで充電可能で、充電しながら使用可能。

・内蔵フラッシュ

写真 2015-07-11 11 47 37

RX100m4は、天井バウンスにも対応のコンパクトフラッシュ内蔵

・AF速度

AF速度は、LX100はHPに約0.14秒と記載、RX100m4はRX10M2の約0.09秒より少し遅いとのこと。

LX100の良いところ

LX100がRX100m4より良さそうな点を上げます。

・センサーサイズが大きい

LX100は、マイクロフォーサーズ。RX100m4は1型。

・長時間の4K撮影が可能。

LX100は15分くらい連続撮影が可能。RX100m4は1カット、5分です。

またRX100M4は、かなり本体が熱くなります。

・4Kフォト

4K動画を撮影後に1コマを切り出して、高画質の800万画素静止画を作成できます。

RX100m4は、ムービー撮影中なら静止画可能。

・カメラ本体でRAW形式データをJPEGに現像

・操作性やホールド感

サイズはLX100の方が大きいですが、使うとなるとホールドしやすいサイズです。

LX100は、各箇所にダイヤルやボタンが装備されているので直感的な操作が可能です。

image01 image02 image03 image04

仕様表比較

製品名 サイバーショットDSC-RX100M4 LUMIX DMC-LX100
メーカー SONY パナソニック
製品画像
  • サイバーショット DSC-RX100M3
  • LUMIX DMC-LX100
総画素数 2100 万画素 1684 万画素
有効画素数 2010 万画素 1280 万画素
形式 1型CMOSExmor RS
(積層型裏面照射)
4/3型MOS
レンズ
焦点距離(広角) 24 mm 24 mm
焦点距離(望遠) 70 mm 75 mm
F値(広角) 1.8 1.7
F値(望遠) 2.8 2.8
光学ズーム 2.9 倍 3.1 倍
マニュアルフォーカス
基本仕様
デジタルズーム 11倍 4 倍
シャッタースピード 1~1/2000 秒 60~1/4000 秒
電子シャッター 30~1/32000 秒  1-1/16000秒
撮影感度 通常:ISO125~12800
拡張:ISO80、100、25600
通常:ISO125~25600
拡張:ISO100
最短撮影距離 5cm(標準) 50cm(標準)
3cm(マクロ)
記録メディア SDカード
SDHCカード
メモリースティック Duo
メモリースティックPRO Duo
SDXCカード
メモリースティックPRO-HG Duo
Eye-Fiカード
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
記録フォーマット JPEG/RAW JPEG/RAW
液晶モニター 3インチ
122.88万ドット
3インチ
92万ドット
ファインダー 電子式ビューファインダー(235万ドット) 0.38型フィールドシーケンシャル方式(276万ドット)
ファインダー方式 電子式 電子式
電池タイプ 専用電池 専用電池
専用電池型番 NP-BX1  
撮影枚数 280 枚 350 枚
インターフェース マルチ端子、USB2.0、HDMIマイクロ端子 USB2.0、AV出力、HDMIマイクロ端子
動画 
動画撮影サイズ 3840×2160(4K)XAVC S 3840×2160(4K)
記録方式 MP4/AVCHD Ver2.0 AVCHD Progressive/AVCHD/MP4
最長撮影時間 約45分(4K 5分/1カット) 約65分(4K 15分
フレームレート 30 fps(4K) 30 fps(4K)
4K対応  ○
4Kフォト 〇(撮影後に切り出し)
その他機能
手ブレ補正機構 光学式 光学式
Wi-Fi
Wi-Fi Direct対応  
顔認識
タイムラプス  アプリ(有料)
セルフタイマー
連写撮影 16コマ/秒 11コマ/秒(電子シャッター40コマ)
バルブ撮影
チルト液晶  
自分撮り機能  
USB充電  
GPS機能    
AF自動追尾機能
タッチパネル    
防水性能    
PictBridge対応  
クレードル付属    
フラッシュ 内蔵フラッシュ 外付け可
NDフィルター
備考 顔検出/瞳AF/スイングパノラマ/スマイルシャッター/NFC おまかせiA/顔認識
サイズ・重量
幅x高さx奥行き 101.6×58.1×41 mm 114.8×66.2×55 mm
重量 本体:263g
総重量:290g
本体:351g
総重量:393g

まとめ

私は普段よく動画を撮るのですが、この両機種はコンパクトでありながら4Kが撮影できるという点で素晴らしいカメラです。

結局、私はRX100M4を選びました。

コンパクト重視のポケットサイズで、写真も4K動画、多彩な撮影(スローモーションやハイスピードシャッター)・液晶可動で多彩なアングルでも撮りたい方には、値段は高いですが「RX100m4」の選択肢はアリだと思います。

この1台があれば、NDフィルターの装着の手間なども省けますので、基本的にカメラバッグが必要としない、高画質な撮影が可能なカメラだと感じて頂ければいいと思います。

先日、SONY主催のαアンバサダー対象の「キックオフミーティング」に参加させて頂いた時に、SONYのカメラ創りのこだわりを以下のように述べていました。

1.誰も成しえなかったカタチを目指す。

2.それを小型化する。

3.自社でセンサー等全てを一貫して開発

SONYフルサイズミラーレス「α7」を借りた!ソニー主催の「αアンバサダー」のキックオフミーティングに参加してきました
更新が遅くなりましたが、先週末の土曜日(2015年5月30日)にソニー主催の「αアンバサダー」のキックオフミーティングに参加してきました...

まさにRX100m4は、そのこだわりが詰まったカメラだと思います。

RX100m4の4K動画サンプル

【ファースト レビュー】RX100m4を一日使ってみての感想。期待通りの高級コンデジ。動画撮影の設定がスゴイ。しかしスローモーションの使い勝手が・・
7月31日に発売されたSONYの「RX100m4」の紹介です。 私は、RX100、RX100m3と使ってきてRX100シリーズは、今まで使...

逆にLX100を選択するならば、コンデジとしては価格が高いですが値段は落ち着いてきています。

発売当初は10万円ほどでした。

4K動画も撮りたい、4Kフォトを利用して決定的な瞬間も後で写真に残したい。そんな方にはLX100は向いています。

また、そこまでコンパクトを求めていないが、操作性やしっかりホールドして撮影したい方にもおススメです。

LX100の4K動画サンプル

【関連】

2015年の高級コンデジはこちらをどうぞ!

2016年 国内メーカー「高級コンデジ」 まとめ
このページでは、2016年の国内メーカーの1型以上の大型センサー搭載の高級コンデジ(現行モデル)を紹介します。(※シグマは省略させて頂き...
【比較】SONY RX100m3とPanasonic LX100でクリスマスイルミネーション動画・写真 | 大阪駅・グランフロント大阪
今年(2014年)は、高級コンパクトカメラが非常に注目された年だった思います。 今回のエントリーでは、SONYの「RX100m3」と ...
結局、一眼でなく高級コンデジ『SONY RX100m3』を選ぶ!Panasonic LX100やミラーレスα6000を使った結果。
SONY RX100m3を購入して4ヶ月が経ちます。 カメラ歴1年弱の僕ですが、そろそろ真剣に評価してみたいと思います。 実はこのカ...
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。