SONYフルサイズミラーレス「α7」を借りた!ソニー主催の「αアンバサダー」のキックオフミーティングに参加してきました

シェアする

top

更新が遅くなりましたが、先週末の土曜日(2015年5月30日)にソニー主催の「αアンバサダー」のキックオフミーティングに参加してきました。

場所は品川のソニー本社で行われました。もちろんソニーに行くのは初めてです。

DSC00006

Processed with VSCOcam with hb2 preset

αアンバサダーとは簡単にお伝えすると、「ソニーの一眼カメラ”α”の魅力を周りの人に伝える」プログラムです。

これは5月の始め頃から開始されたプログラムで、基本的に誰でも登録可能です。

もちろんソニーユーザーでなくても参加可能です。

そして今回参加してきた「キックオフミーティング」は、「αアンバサダー」から選考された50名が参加できるミーティングです。

倍率は10倍程だったとソニーの方はおっしゃっていました。

選考基準は、教えて頂けませんでしたがカメラに詳しい方や主婦の方などいろいろな方が集まっていました。

私もカメラ歴8か月程と素人に近いですが、選ばれてラッキーでした。

スポンサーリンク

キックオフミーティングの内容

Processed with VSCOcam with hb1 preset

主な内容は以下の2点です。

・αに込めた想いやαを生み出すためのソニー独自の技術をご紹介。
・α7(ILCE-7K)または、α6000(ILCE-6000L)のモニターキャンペーン。

ソニーのデジカメ作りのこだわり

冒頭では、ソニーのデジカメ作りのこだわりから始まりました。

ソニーがデジカメでこだわっている点は以下の3点です。

1.誰も成しえなかったカタチを目指す。

2.それを小型化する。

3.自社でセンサー等全てを一貫して開発

要するにゼロから新しいモノを生み出すという事です。

最近では、フルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼「α7」シリーズやコンデジにフルサイズセンサー搭載の「RX1」などもそうだと思います。

私はこの話を聞いた時、10年以上に前にあったソニーの高級ブランド「QUALIA」の小型デジタルカメラ「QUALIA 016」を思い浮かべました。

3部屋に分かれてミーティング

その後、3グループに分かれて「イメージセンサー」「プロセッサ」「レンズ」の各部屋に分かれて技術担当者からお話を聞きました。

Processed with VSCOcam with hb1 preset

Processed with VSCOcam with hb1 preset

Processed with VSCOcam with hb1 preset

写真 2015-05-30 13 59 37 写真 2015-05-30 14 34 12

Processed with VSCOcam with hb1 preset

Processed with VSCOcam with hb1 preset

このミーティングは、ソニーのカメラを深く知るうえで非常に役に立ったミーティングでした。

私は、普段こういた内部のソフトの事はあまり気に掛けないで、とりあえず写真を撮る事や使い勝手がいいなどのハード面を重視していたので大変勉強になりました。

ソニーの技術の結晶、そして開発者の日々の努力と素晴らしい技術により今のカメラがあることを実感しました。

2014年に世界で発売されたカメラのうち、実に40%はソニー製のイメージセンサーと言われていますから凄いです。

この他にも、90mmのマクロレンズも量産体制に入ると言っていました。

また、6月26日発売の「Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA」(SEL35F14Z)の分解した現物も見せて頂けましたが、これは写真NGでした。

ここでは、本当にカメラの詳しい方が、どんどん技術者の方に質問を攻めていたので楽しめました。

いよいよモニター機の貸し出し

やっぱり一番の楽しみは、モニターとしてカメラを借りれる事です。

今回のイベントでは「α7(ILCE-7K)」または、「α6000(ILCE-6000L)」が借りれます。

私は、「α6000」ユーザーなので、初となるフルサイズ機「α7」を選びました。

なぜ今頃モニターで「α7」??と思いますよね・・・

これには理由があったそうで、「α7II」が売れすぎて用意できなかったとのこと・・

その代わりに、「α7」を選んだ人には特別に、ツァイス「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」も一緒に貸し出ししてくれました。

このサプライズは非常に嬉しいです!8万ほどするレンズを貸して頂けて、ありがとうございます。

無題

早速、このミーティングが終わると使いたいのでバッテリーを入れてみると100%に充電されていました。

これは嬉しかったです。

とりあえず出されていた水を、ツァイス「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」で撮ってみました。

DSC00004

今回の感想

今回、このミーティングに参加出来て何より嬉しかったです。

そして、どんな内容か不安に思いながら参加しましたが、思った以上に内容も濃くソニーの方も印象良く好感を持てるミーティングでした。

約1か月のモニターとしてフルサイズミラーレス一眼「α7」を借りましたので、今までAPS-C機止まりの人間としてフルサイズの良さやソニーのミラーレス一眼の良さを別の角度でお伝えしていけたらと思います。

またこのミーティング後に4時間程ですが、東京を回って動画を中心に撮ってきました。

東京で「SONY α7 & α6000」を使って、動画とタイムラプスを撮ってきました。
世界貿易センタービルから東京タワー「α7+FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」 先月、SONY主催のαアンバサダー登録...

今回のミーティングでの貸し出し機種

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。