動画撮影を重視なら「RX100m4」より「RX10m2」がおススメ。

シェアする

33

新しいRX10m2も非常に興味があるカメラとなって発表されました。

RX100m4と同じ新型の1型CMOS Exmor RS(積層型裏面照射)センサー搭載しています。

ハイスピード動画撮影や1/32,000秒という超高速度での電子シャッターも同じ機能を搭載しています。

では、どういった点がRX10m2とRX100m4は違うのか見ていきます。

追記

RX10M2を購入してレビュー書きました。

コチラもご参考下さい。

【レビュー】SONY 「RX10M2」レンズ一体型のハイエンドコンデジでは最強の動画カメラ
今回はSONYのハイエンドコンデジRXシリーズの「RX10M2」の紹介です。 RX10M2はレンズ一体型の高倍率ズームレンズ搭載のネオ...

スポンサーリンク

RX10m2がRX100m4より優れている点

望遠レンズ搭載

11

RX100m4の焦点距離が24‐70mmに対してRX10m2は、24-200mmでF2.8のレンズを搭載しています。

高速AF

Module10_DESKTOP

RX10m2は、ファストインテリジェントAFで最速0.09秒のAFを搭載しています。

RX100m4は、α7からの改善としか書かれていないために正確な数値が読み取れません。

高性能な4K撮影

RX100m4と4Kの記録形式は同じですが、RX100m4が1カット5分の記録に対してRX10m2は長時間の撮影が可能です。

controls_bottom_left

インターフェイスも、マイク(3.5 mmステレオミニジャック)、マルチインターフェースシュー、ヘッドフォン端子が用意され拡張性に優れています。

簡単なスペック比較

製品名 RX10M2 RX100M4
製品画像
  • ph_1 (1)
  • ph_1
総画素数 2100 万画素 2100 万画素
有効画素数 2020 万画素 2010万画素
形式 1型CMOS
Exmor RS
(積層型裏面照射)
1型CMOS
Exmor RS
(積層型裏面照射)
レンズ 
焦点距離(広角) 24 mm 24 mm
焦点距離(望遠) 200 mm 70 mm
F値(広角) 2.8 1.8
F値(望遠) 2.8 2.8
光学ズーム 8.3 倍 2.9 倍
マニュアルフォーカス
AF速度 最速約0.09秒 コントラスト検出オートフォーカス
基本仕様 
デジタルズーム 33 倍 11倍
シャッタースピード 30~1/2000 秒 30~1/2000 秒
電子シャッター  30~1/32000 秒 30~1/32000 秒
撮影モード おまかせオート、プログラムオート、絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル、動画撮影、パノラマ撮影、HFRモード おまかせオート、プログラムオート、絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアル、動画撮影、パノラマ撮影、HFRモード
撮影感度 通常:ISO125~12800
拡張:ISO80、100、25600
通常:ISO125~12800
拡張:ISO80、100、25600
最短撮影距離 3cm(標準) 5cm(標準)
記録メディア SDカード
SDHCカード
メモリースティック Duo
メモリースティックPRO Duo
SDXCカード
メモリースティックPRO-HG Duo
Eye-Fiカード
SDカード
SDHCカード
メモリースティック Duo
メモリースティックPRO Duo
SDXCカード
メモリースティックPRO-HG Duo
Eye-Fiカード
記録フォーマット JPEG/RAW JPEG/RAW
内蔵メモリ    
起動時間  
液晶モニター 3インチ
122.88万ドット
3インチ
122.88万ドット
ファインダー 電子式ビューファインダー(235万ドット) 電子式ビューファインダー(235万ドット)
ファインダー方式 電子式 電子式
電池タイプ 専用電池 専用電池
専用電池型番 NP-FW50  NP-BX1
撮影枚数 400 枚 280 枚
インターフェース マルチ端子、USB2.0、HDMIマイクロ端子、マイク(3.5 mmステレオミニジャック)、マルチインターフェースシュー、ヘッドフォン マルチ端子、USB2.0、HDMIマイクロ端子
動画 
動画撮影サイズ 3840×2160(4K)XAVC S 3840×2160(4K)XAVC S
記録方式 MP4/AVCHD/XAVC S MP4/AVCHD/XAVC S
最長撮影時間 約130分 約45分(4K 5分/1カット)
フレームレート 30 fps(4K) 30 fps(4K)
4K対応  〇
ムービー中静止画記録  [16:9] 17M(5,472×3,080)/ 7.5M(3,648×2,056)/ 4.2M(2,720×1,528) [16:9] 17M(5,472×3,080)/ 7.5M(3,648×2,056)/ 4.2M(2,720×1,528)
スローモーション   960 / 1000fps、480 / 500fps、240 /250fps(NTSC / PAL) 960 / 1000fps、480 / 500fps、240 /250fps(NTSC / PAL)
その他機能 
手ブレ補正機構help 光学式 光学式
3D撮影    
Wi-Fi
顔認識
タイムラプス  アプリ アプリ
セルフタイマー 10/5/2秒 10/5/2秒
連写撮影 14コマ/秒 16コマ/秒
バルブ撮影
チルト液晶  〇
自分撮り機能  〇
USB充電  〇
GPS機能    
AF自動追尾機能
タッチパネル    
防水性能    
備考 顔検出/瞳AF/スイングパノラマ/スマイルシャッター/NFC 顔検出/瞳AF/スイングパノラマ/スマイルシャッター/NFC
サイズ・重量
幅x高さx奥行き 129×88.1×102.2 mm 101.6×58.1×41 mm
重量 本体:813g
総重量:770g
本体:271g
総重量:298g

※上記スペックは、日本未発表のため米SONYのHPを参考にしたため誤りがあるかもしれませんがあくまでも参考程度としご覧下さい。

(RX100m4RX10m2

まとめ

RX10m2は動画撮影に適したデジタルカメラとして発表されました。

RX100m4より、操作ボタンやインターフェイスなど一眼レフ似のスタイルなので、より撮影に適していると思います。

更に、RX10m2の望遠レンズを活かして、より遠くの被写体を高速AFで捉える事も可能になるでしょう。

特にお子様がいる家庭にはこれ一台でよさそうです。

ライバル機種として挙げられるのが、PanasonicのFZ1000だと思います。

正直、RX10とFZ1000を使っていましたが、FZ1000の方がボディは大きいですが、25-400mm F2.8-4のレンズを搭載していたのでボディの大きさを気にしないなら、写真も動画もこれ1台で十分でした。

2015年4月4日の皆既月食は、RX10よりFZ1000がおススメの3つの理由。高倍率ズーム高級デジカメ比較 
4月4日は、「皆既月食」であることを先日お伝えしました。 今回は、この皆既月食でおススメカメラを2機種に絞って比較します。 選ん...

RX10からの買い換えなら、間違いなく期待できるカメラに仕上がっているのではないかと思います。

私はタイムラプス撮影が好きでが、RX10にはタイムラプスがインストールできる「PlayMemories Camera Apps」が非搭載でしたが、今回は対応しているので嬉しいです。

または、RX100シリーズを持っていて、4K撮影を撮りたい方や動画撮影に力を入れたい方にもおススメです。

DSC_2433-ACR

RX10M2を購入してレビュー書きました。

コチラもご参考下さい。

【レビュー】SONY 「RX10M2」レンズ一体型のハイエンドコンデジでは最強の動画カメラ
今回はSONYのハイエンドコンデジRXシリーズの「RX10M2」の紹介です。 RX10M2はレンズ一体型の高倍率ズームレンズ搭載のネオ...

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。