【霧の日に写真を撮る】2017年4月8日 大阪市内は「霧」に包まれた

シェアする



2017年4月8日。

この日、大阪市内は朝から濃い霧に包まれていた。

自分は霧の中の写真を撮るのが好きで、霧が出ていたら六甲山にもよく行く。

霧の中の幻想的な風景をiPhoneで撮影 (Shot On iPhone #2)
梅雨に入りジメジメした日が続いています。 そんな中、神戸の六甲山は雨の早朝はよく霧が発生してい...

霧は普通の人からすると視界が悪く嫌な天候だが写真を撮ると非常に幻想的な雰囲気になる。

この日は濃い霧が発生しそうだと大体予想がついていた。

と言うのも、前日の夜に神戸ポートタワーへ登った時に神戸市内は霧に覆われてきた。


で、前日の夜の気温は高く湿気も多く、翌日の気温は朝方は低く昼からかなり上昇しそうだったので、この湿気と温度差で霧が出るのではと感じて早起きしてみた。

案の定、一面が霧に覆われていた。この日は、桜でも撮りに行こうかと思っていたが、急遽、霧を撮りたくなり大阪へ向かった。

スポンサーリンク



早朝の大阪市内

とりあえず早朝から開いていそうな展望フロアを思い浮かべながら大阪駅前第3ビルに向かうことにした。

大阪へ向かう電車の中で霧は徐々に薄れていた。しかし、とりあえず向かってみた。

第3ビルに着いたのがAM7:30。

もちろん、誰もいないし電気は消えて真っ暗だったが32階へのエレベーターは動いたので無事に到着。

期待していた程ではなかったが、まだ大阪市内は霧が残っていた。

こんな感じで30分くらいここで撮って降りることにした。

スカイビルからの見た大阪市内が霧に包まれていく様子

 霧も薄くなり、どうしようか迷っていたが、また徐々に大阪市内が霧に包まれてきた。

グランフロントにいたので、すかさずスカイビルに登ることにした。


とりあえず空中庭園に登ってみると、全く何も見えず。

そのため室内から様子を見ることに。

そして、何もしないのも面白くないのでタイムラプスでも撮っておこうと思いカメラをセットした。

とりあえずソニーのタイムラプスアプリで5秒間隔の999枚で放置しておいた。

撮り始めたすぐに大阪市内は濃い霧に包まれて何も見えなったが、そのままカメラを回すことに。

さらに何も見えなくなりこの状態がタイムラプスが終わる1時間半くらい続いて全く面白い絵にならなかった。

しかし、タイムラプスを撮り終えた後に霧がだんだん薄れてきそうな雰囲気だったのでさらにタイムラプスをセットして撮り直した。

そして、これが撮ってきたタイムラプス。前日の神戸の夜も撮っていたので一緒にまとめてみた。

後半の大阪市内のタイムラプスが徐々に霧に包まれていく様子である。正直、霧なのか雲が低いのか分からない状態に。

iPhoneでもタイムラプスを撮っておいた。

最後に

結局、この日は11時くらいからスカイビルに上がり17時くらいまでずっといた。

大阪市内でこんな感じに霧が見れるのは自分の中では珍しい風景なのでいいものが見れ満足だった。

逆に観光でスカイビルに来た国内や海外の旅行者は全く残念そうに何も見えないと言って帰って行く姿がほとんどだった。それもあり土曜日にしてはあまり人がいなかったスカイビルであった。

また霧が出た日は楽しんで写真を撮りに行きたい。

使用カメラなど

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
趣味で神戸を中心に関西周辺の写真やタイムラプスや動画を撮っています。 SONYのカメラとiPhoneを愛用しています。 【最近のお問い合わせ事例】 ・タイムラプスの撮影依頼 ・夜景撮影の依頼 ・室内写真の撮影依頼
スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。