iPhoneでアプリを使って明るく花火を撮る方法

シェアする



花火シーズンですね。今回はiPhoneを使って標準カメラで撮るよりか明るく撮れる方法を紹介します。

この上の写真はこれから説明する方法で大阪の淀川の花火大会を撮影しました。

用意するもの

・iPhone

・ミニ三脚

・リモコン付きのイヤフォン

・長時間露光が可能なアプリ

それでは、以下で説明していきます。

スポンサーリンク



iPhoneでアプリを利用して花火を撮る方法

iPhoneで明るく花火を撮ろうと考えているならば、標準カメラでは光量が少ないので暗く映ります。そんな場合は、一眼カメラで撮影可能な長時間露光が可能なアプリを使います。

自分は有料アプリですが「ProCam」を使っています。少し値段はしますが、このアプリがあればiPhoneの撮影の幅は広がります。

撮影方法は下のリンクの夜景を撮る方法と同じです。

iPhoneアプリ「ProCam 5」で夜景や花火を撮影する方法 スローシャッター(長時間露光)に対応!
iPhoneで夜景を綺麗に撮影できるアプリを紹介します。 以前に、iPhoneの標準カメラを使...

ProCamを立ち上げて「スローシャッター」モード→「ライトトレイル」に設定してシャッタースピードは「Bulb」にします。

長時間露光なので三脚に固定して純正のイヤフォンに付いているリモコンでシャッターを押します。

三脚はカメラマンが使用するような大きい三脚でなく、ミニ三脚で大丈夫です。

この三脚と手持ちのiPhoneをくっつけるアダプターが必要です。各iPhoneのサイズにあったアダプターを購入して下さい。

この方法で撮影すると、撮影の環境場所によりますが純正のカメラより明るく撮れます。

それでも暗いと感じたら、Lightroomなどの編集アプリで明るく調整します。

これはサンプルなので大げさに仕上げましたが、こんな感じでiPhoneでも明るく花火が撮れます。

最後に

慣れにうちは難しい撮り方に思えますが、夜景などで何度も練習してコツを掴むと綺麗な花火がiPhoneでも撮影可能ですので試してみてください。

ざっと記事を走り書きで書きましたが、今年もiPhoneで撮ってもう少し綺麗に撮れたら記事を最更新します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
趣味で神戸を中心に関西周辺の写真やタイムラプスや動画を撮っています。 SONYのカメラとiPhoneを愛用しています。 【最近のお問い合わせ事例】 ・タイムラプスの撮影依頼 ・夜景撮影の依頼 ・室内写真の撮影依頼
スポンサーリンク



シェアする

スポンサーリンク