「iPhone を使った写真を撮る5つの方法」How to shoot on iPhone7がApple公式YouTubeにアップ

シェアする



本日Appleの公式YouTubeチャンネルにiPhone7を利用した写真の撮影方法「How to shoot on iPhone7」と題する動画が5本アップされています。

動画内容は以下

① How to shoot action on iPhone 7 — Apple

バーストモード

② How to shoot without a flash on iPhone 7 — Apple

フラッシュを使わない

③ How to shoot a vertical Pano on iPhone 7 — Apple

パノラマを縦に使う

④ How to shoot a close-up on iPhone 7 – Apple

被写体に寄って撮る

⑤ How to shoot a great portrait on iPhone 7 Plus – Apple

ポートレートモード

では、方法をみていきます。

※追記:海外のアップルの公式ホームページにはさらに多くの方法がアップされています。

スポンサーリンク



① How to shoot action on iPhone 7 — Apple

動きの早い被写体に対してはバーストモード(連写)を使って一番いい写真を選択する方法です。

動きの早い被写体の場合は写真モードにしてシャッターボタンを長押しします。

長押しすると連写になり押している間写真を撮り続けることが可能です。

撮影した複数の写真から好きな一番いい写真選択するだけです。

② How to shoot without a flash on iPhone 7 — Apple

暗い場所でついついフラッシュを使って撮影してしまうケースが多いですが、基本的にフラッシュを使うと不自然な明るさになるので使わないで撮る方法です。

なるべく夜間でもあかりのある場所を探します。

左上のフラッシュのマークをタップしてoffにします。通常はオートになっている可能性があります。

アングルを決めたら、明るさは画面を長押しして太陽のマークを出して、上下にスライドさせて明るさを調整します。

自然な雰囲気の写真が撮れます。

暗いところではフラッシュを使いがちですが、基本的にフラッシュを直接被写体に当てると不自然な感じになるので、もし当てるなら間接的に当てるなどするといいでしょう。

③ How to shoot a vertical Pano on iPhone 7 — Apple

パノラマを縦に使う方法です。

撮影する場所を選びます。

撮影モードをパノラマモードに切り替えます。その時にiPhoneの向きは横向きにします。

通常パノラマは横にカメラを動かしますが、この場合は縦にカメラを動かします

高さのある風景も簡単に撮影可能です。

高層ビルと絡めた写真なんかも簡単に撮れそうですね。

④ How to shoot a close-up on iPhone 7 – Apple

被写体に寄って大きく撮る方法です。

被写体を見つけます。

iPhone7では被写体に10㎝まで近寄ってピントを合わすことが可能です。

アングルを決めたら、明るさは画面を長押しして太陽のマークを出して、上下にスライドさせて明るさを調整します。

それより近づくとピントが合わないので、10㎝というおおよその距離を把握しておくと撮影が楽になります。

⑤ How to shoot a great portrait on iPhone 7 Plus – Apple

ポートレートモードを使った方法です。これはiPhone 7 Plusの機能です。

iPhone 7 Plusのカメラモードを「ポートレート」モードにします。

アップルがアップした動画では「DEPTH EFECT」と表示されていますが日本語表示は「被写界深度エフェクト」と表示されます。

この表示が黄色くなるとポートレートで撮影が可能です。

近すぎても遠すぎても撮影できないので黄色に表示されるまで、写真を撮る人が動いてアングルを決めます。ちなみに2.5メートル以内で撮影可能です。

そうするとiPhone 7 Plusの望遠レンズと標準レンズを使用して、一眼カメラのような背景がボケた写真が撮影可能です。

こちらもiPhone7 Plusのポートレートモードを使いましたが、人以外は縁が不自然になる場合もありますが撮影可能です。

追記

海外のアップルのホームページではさらに上記に加えて11本の動画が公開されています。

・タイマーを使ったセルフィー

・面白いアングル

・動画撮影中の写真撮影

・街の明かりを利用した撮影方法

・大胆かつシンプルな撮影方法

・ゴールデンアワーでの撮影方法

・音量ボタンを使ったセルフィ

・セルフィの編集

・サンセットでのシルエットを活かした撮影方法

・グループでのポートレート撮影方法

・逆光での撮影方法

最後に

iPhone7を使った写真撮影方法がアップされています。しかし大半はiPhone 7でなくてもできることばかりです。

気になる撮影方法はありましたか?個人的にはパノラマモードを縦に使う方法はやってみたいです。

iPhoneでも工夫することにより本当に綺麗な写真が撮れるのでぜひ試してみては。

こちらの記事もどうぞ

iPhoneの「標準カメラ」で夜景を少しでも綺麗に明るく撮る方法
こんにちはYuu(@yuu_u1)です。 今回は、iPhoneの標準カメラで夜景を少しでも綺麗...

アプリを使って夜景をさらに綺麗に撮る方法

iPhoneアプリ「ProCam 5」で夜景や花火を撮影する方法 スローシャッター(長時間露光)に対応!
iPhoneで夜景を綺麗に撮影できるアプリを紹介します。 以前に、iPhoneの標準カメラを使...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
趣味で神戸を中心に関西周辺の写真やタイムラプスや動画を撮っています。 SONYのカメラとiPhoneを愛用しています。 【最近のお問い合わせ事例】 ・タイムラプスの撮影依頼 ・夜景撮影の依頼 ・室内写真の撮影依頼
スポンサーリンク



シェアする

スポンサーリンク