撮影後にピント合わせが可能なカメラ「LYTRO ILLUM(ライトロ イルム)」日本上陸 12月12日発売!

シェアする

撮影後にピント合わせが可能な「LYTRO ILLUM」と言うカメラが日本に上陸するそうです。

lytro-illum-front

発売は今年の12月12日より、加賀ハイテック株式会社が販売。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は20万円前後。11月中旬より予約を受け付けるようです。

「LYTRO ILLUM」(ライトロ イルム)はレンズに入る光の束を方向まで含めてまるごと記録し、後から任意

の場所(距離)にリフォーカス可能な視差効果のある「生きた写真」(Living Pictures)を作製可能で、今までに
ない新しい表現を可能にするイメージキャプチャーデバイスは、まさに第 3 のカメラと呼ぶにふさわしい特長を
有します。とのこと。

センサーやレンズの仕様は

4,000万光線(40メガレイ)のマイクロレンズアレイと、1/1.2型CMOSセンサー、光学8倍ズームで

35mm換算で30-200mm対応のF2レンズを搭載。

静止画のみのようです。

プロ写真家やハイアマチュア向けに想定しているそうです。

詳しくは加賀ハイテック株式会社のニュースリリースより

Lytro-Illum-by-Lytro.com-Full-Light-FIeld-Capturing-Camera-Lens-View-Top-Side-And-LCD

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真で見ると大口径高倍率ズームレンズ搭載のためか大きい感じもします。

実寸は86mm × 145mm × 166mm(H×W×L)

重さは940g

一眼レフに同じクラスのレンズを付けるよりかは軽いと思います。

後からリフォーカス可能で生きた写真というフレーズが非常に気になります。

米Lytro社の動画を見つけたので貼っておきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。