【4Kコンデジ比較】LUMIX LX100とFZ1000の4K動画比較

シェアする

4Kが撮れるコンデジとして、今年(2014年)注目を集めました、

Panasonicの「LUMIX FZ1000」と「LUMIX LX100」の4K動画を比較してみました。

DSC08482

FZ1000とLX100ともにレンズ一体型のコンデジになります。

スポンサーリンク

外観チェック

大きな違いは、見てのとおり外観ですよね。

左のFZ1000は、35mm換算で25-400mmでF2.8 – 4.0と超望遠かつ明るいレンズが付いています。

右のLX100は、35mm換算で24-75mmでF1.7-2.8と通常使いでは、使いやすく非常に明るいレンズが付いています。

そして、カメラのセンサーサイズも異なります。

FZ1000は、SONYのRX100シリーズやRX10と同じ1型センサー。

対してLX100は、コンデジとして初めての4/3型の同社のミラーレス一眼と同じサイズのセンサーを積んでいます。

操作面でも違い

他にも、操作方法なども全く異なる仕様となっています。

DSC08483 DSC08484

動画の撮影ボタンの位置も異なります。

またFZ1000は、モードダイヤルを動画モードにしないと4Kは撮影できません。しかし、そのモードに変えるとシャッターボタンも録画ボタンになります。

FZ1000は、液晶パネルもビデオカメラのように動き、動画もしっかり撮影できるデジタルカメラという感じがします。

対してLX100は、アナログ式の操作方法で写真撮影を重視しつつ4Kも撮れる仕様だと感じます。

 4K動画の比較

それでは両機種の4K動画をアップしました。

画角はFZ1000の37mmに合わせています。

三脚に固定して、交互に同じ位置で撮影しました。撮影の設定は同じにしています。

どうでしょうか?違いは分かりますか?

素人の僕にはあまり違いが分かりませんでした。

すこし、LX100の方がシャープな印象はあります。

まとめ

両方とも所有していますが、普段から持ち出して写真や動画を楽しみたい方はLX100がおススメかと思います。

このコンパクトさで、写真もしっかり撮影できて4K動画も撮影できますので、常に自分の手元に置いておきたいカメラです。

FZ1000は、月を撮影したり望遠が必要な時やタイムラプスを撮影する時は、すごく重宝します。

(LX100もタイムラプス可能です)

一眼に「24-400mm f2.8-4」のレンズを付けて持ち運ぶことを考えれば、非常に楽です。

メモリーカードやバッテリーを含んでも831gです。

遠くに出かける際は、FZ1000を持って行く傾向が強いです。

また両機種とも4Kから切り取った4Kフォトが可能です。

簡単に言うと、4K動画から好きなシーンを800万画素の静止画に切り取りできる機能です。

FZ1000は超望遠なので、遠く離れた動物や野鳥やお子様の運動会や演奏会など4K動画で撮影して、後から切り出すのもありかと思います。

普段から何を撮るかで、このカメラの選択肢が決まってくると思います。

私がFZ1000を購入した理由は、超望遠で4K動画が撮影できることと、

以前NikonD7000を使っていたので、この形に慣れていたからです。

そしてLX100を購入したのは、FZ1000の4K画質に感動したことと、

この高画質を手軽に持ち出したいと思ったからです。

 【関連】

2015年 初日の出 タイムラプス|神戸 LUMIX FZ1000×LX100

SONY RX100m3とPanasonic LX100でクリスマスイルミネーション動画比較 | 大阪駅・グランフロント大阪

RX100m3/FZ1000/LX100で神戸の風景を動画でまとめてみた。イルミネーションやルミナリエなど

4Kを撮影する推奨SDカード

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。