Nikonから新型1型センサーの高級コンデジ「DL」シリーズ3機種を発表!

シェアする

top

Nikonは国内で新型1型センサーの高級コンデジ「DL」シリーズ3機種を発表!

Nikonより2016年4月20日にDLシリーズに関する下記の発表がありました。

※(当初、3機種ともに6月発売予定と発表)画像処理用のICに重大な不具合があることが判明したため、発売時期については未定とさせていただきます。詳細が確定次第、改めてお知らせいたします。

nikon.co.jp

広角18mm、標準ズーム、望遠500mmの異なる焦点距離を搭載し、各機種4K動画記録や高速AFなど搭載。

・DL18-50 f/1.8-2.8

6月発売予定 店頭予想価格は本体のみが10万5,000円前後、EVFキットが12万5,000円前後の見込み。カラー:ブラック

・DL24-85 f/1.8-2.8

6月発売予定 店頭予想価格は本体のみが8万円前後、EVFキットが10万円前後の見込み。

カラー:ブラック・シルバー

・DL24-500 f/2.8-5.6

6月発売予定 店頭予想価格は12万円前後。

カラー:ブラック

基本的な機能はレンズの画角以外は共通する部分が多いです。

スポンサーリンク

・DL18-50 f/1.8-2.8

超広角18-50mm f/1.8-2.8のレンズを搭載

1.8-2.8-camera-4

・Nikon DL 18-50 f/1.8-2.8はコンデジでは前例の無い、18mmの超広角レンズを採用。

・ナノクリスタルコートを採用した、コンパクトデジタルカメラ初の光学設計

・1.0型裏面照射型CMOSセンサー

・4コアCPUを搭載した新画像処理エンジン EXPEED 6A

・ISO 160からISO 12800までの全感度域において高度なノイズリダクション

・171点のコントラストAF

・位相差AF追従で約20コマ/秒の高速連続撮影

・撮影直前の画像を記録できる先撮り連写

・AF時間約0.09秒を実現

・デュアル検知光学VR

・AFからMFへ瞬時に切り換え可能なマニュアル優先AF

・約104万ドットのタッチパネル採用のチルト式3型有機ELモニター

・4K(2160/30p(4K UHD:3840×2160)) UHD対応

・4K UHD動画からの静止画切り出しが可能

・スーパーラプス動画作成可能

・1200fpsの超スローモーション映像を撮影可能

・寸法(幅×高さ×奥行き) 約106.0×63.0×57.5mm(突起部除く)
・質量 約359g(電池、メモリーカード含む)

DL24-85 f/1.8-2.8

1.8-2.8-camera-4-1

・Nikon DL24-85 f/1.8-2.8は大口の明るいレンズを採用し美しいボケと3cmまで寄れるマクロモードを搭載

・ナノクリスタルコートを採用した、コンパクトデジタルカメラ初の光学設計

・1.0型裏面照射型CMOSセンサー

・4コアCPUを搭載した新画像処理エンジン EXPEED 6A

・ISO 160からISO 12800までの全感度域において高度なノイズリダクション

・171点のコントラストAF

・位相差AF追従で約20コマ/秒の高速連続撮影

・撮影直前の画像を記録できる先撮り連写

・AF時間約0.09秒を実現

・デュアル検知光学VR

・AFからMFへ瞬時に切り換え可能なマニュアル優先AF

・約104万ドットのタッチパネル採用のチルト式3型有機ELモニター

・4K(2160/30p(4K UHD:3840×2160)) UHD対応

・4K UHD動画からの静止画切り出しが可能

・スーパーラプス動画作成可能

・1200fpsの超スローモーション映像を撮影可能

・寸法(幅×高さ×奥行き) 約104.9×61.3×49.8mm(突起部除く)
・質量 約345g(電池、メモリーカード含む)

DL 24-500 f/2.8-5.6

2.8-5.6-camera-13

・Nikon DL 24-500 f/2.8-5.6は広角24mm相当から500mm相当をカバー。

光学系には、EDレンズ、ED非球面レンズなどを採用し、光学ズーム全域で像のにじみを抑えたシャープな描写を実現しています。また、防汚性能が高いフッ素コートも採用しています。

・1.0型裏面照射型CMOSセンサー

・4コアCPUを搭載した新画像処理エンジン EXPEED 6A

・ISO 160からISO 12800までの全感度域において高度なノイズリダクション

・171点のコントラストAF

・位相差AF追従で約20コマ/秒の高速連続撮影

・撮影直前の画像を記録できる先撮り連写

・AF時間約0.09秒を実現

・SPORT(VR)モードとデュアル検知光学

・AFからMFへ瞬時に切り換え可能なマニュアル優先AF

・約104万ドットのタッチパネル採用のバリアングル方式3型有機ELモニター

・4K(2160/30p(4K UHD:3840×2160)) UHD対応

・4K UHD動画からの静止画切り出しが可能

・スーパーラプス動画作成可能

・1200fpsの超スローモーション映像を撮影可能

・寸法(幅×高さ×奥行き) 約122.5×89.9×138.8mm(突起部除く)
・質量 約780g(電池、メモリーカード含む)

公式ムービー

参照:http://www.nikon.co.jp/news/2016/0223_dl_01.htm

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。