ソニーの新型ミラーレス「α7RII」は、「36Mpセンサー」「電子先幕シャッター」「ボディ内手ブレ補正」と「高速AF」を搭載か?

シェアする

A7r-700x325

本日も「sonyalpharumors」よりソニーのミラーレス一眼、新型「α7RII」の情報がUPされていたので紹介します。

新型「α7RII」は、α7Rと同じ36Mpセンサーを持っており、それは「電子先幕シャッター」、「ボディ内手ブレ補正」と「高速AF」を持つとのことです。

この情報は、日本のソニーの方から取得することができた「α7RII」に対する期待できる情報とのこと。

参照:「sonyalpharumors

APS-C機の「α7000?」または「α6100?」が先に発表されるのか、こちらの「α7RII」が先に発表されるのかは、相変わらず不明ですが僕たちの期待は徐々に高まりつつあります。

36Mpセンサーで「高速AF」と言うのが気になります。

コチラの記事もどうぞ!

ソニーの2015年のIRが紹介されています。そこには、今後の「αシリーズ」はハイエンド機にフォーカスか?

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。