ソニー RX100M6発表!高倍率ズームと世界最速AFを手に入れた、最強のコンパクトカメラ

シェアする




こんにちはYuu(@yuu_u1)です。

ついに待ちに待ったソニーの高級コンデジRX100M6が発表されました。

国内でも発表されて6月22日発売で14万円前後です。

いや〜本当に待っていました。RX100シリーズ愛用者としては本当に待っていました。

今回はレンズの規格が大幅にアップしています。

レンズの規格が変わるのはRX100M3以来です。

RX100M6は下に特徴を箇条書きしますが、高倍率ズーム世界最速AFを手に入れた最強のコンパクトカメラです。

↓追記

先行展示分を触ってきました!

RX100M6の先行展示分を触ってきたレポート!
スポンサーリンク



RX100M6の主な特徴!

ちょっと今日は疲れているので簡単に特徴をまとめておきます。

・ZEISS®Vario-Sonnar T * 24-200mm f / 2.8-f / 4.5レンズを搭載

・望遠側で4段分と同等の手ぶれ補正

・メモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS®(エクスモアアールエス)

・RX100M5の約1.8倍の高速処理を実現した画像処理エンジンBIONZ X®を搭載

・最新の高速画像処理エンジンBIONZ XとフロントエンドLSIにより、AF/AEの検出・処理速度と顔・瞳検出の速度・精度向上、電子ビューファインダーへの表示タイムラグの最小化など、スピード性能がUP

・315ポイントの位相検出AFポイントを搭載した、非常に効率的なFast Hybrid AFシステムが搭載されていて、0.03秒でピントを合わせることが可能。

・バッファメモリーの大容量化により、連続撮影枚数が233枚

・HLG(Hybrid Log-Gamma)画像プロファイル搭載で、4K HDR撮影が可能。

・ピクチャープロファイルにはS-Log3 / S-Gamut3が追加。

・120pフルHDモードの撮影が可能。

・240fps、480fps、または960fpsのいずれかで超スローモーションビデオを記録可能。

タッチパネル液晶搭載

・ポップアップ式のファインダーはRX1RIIのようにワンプッシュで起動

サラッと特徴を書きましたが、併売されているRX10M2の存在価値はなくなりました。。。

だって、ポケットサイズにRX10M2と同じ倍率のレンズがついているんですもん。

【レビュー】SONY 「RX10M2」レンズ一体型のハイエンドコンデジでは最強の動画カメラ

でもRX10M2はF2.8通しですからね。

しかし、自分がもっとも嬉しいのはRX100M6にはPLAYMEMORIESカメラアプリが搭載されている事。

a9、a7RIII,a7IIIやRX10M4にもPLAYMEMORIESカメラアプリが搭載されていなかったので、大好きなタイムラプスができないのではと思っていましたが、海外のサイトではPLAYMEMORIESカメラアプリの表示があります!!!

追記:PLAYMEMORIESカメラアプリのところは棒線で未搭載でした。申し訳ございません。

高倍率を搭載した RX100M6のサイズは

高さ 奥行 質量
RX100M6 101.6 58.1 42.8 301g
RX100M5 101.6 58.1 41.0 299g

高倍率ズームを搭載したRX100M6は何とか同じサイズを保ち、奥行がレンズの分だけ大きくなっているようです。

何とか許せる範囲です。

RX100M6の画像

液晶が右寄りで左枠が広い。前モデルは左よりで右枠が広い。

液晶は3.0型のタッチパネルで921,600ドット(RX100M5は1,228,800ドットでタッチパネル無し)

↑ズームレバーが変更

ハイアングル撮影がパワーアップ下に90度傾く

ライバル機はパナソニックTX2?

ライバル機は1型センサーで高倍率ズーム搭載のコンパクトカメラと言う事で、パナソニックのルミックス TX2でしょうか?

簡単な比較表を乗せておきます。

RX100M6 TX2
焦点距離 24-200mm 24-360mm
F値 2.8-4.5 3.3-6.4
最短撮影距離 W8cm T100cm w3cm T100cm
ファインダー あり あり
タッチパネル あり あり
液晶の可動 チルト液晶 固定
AF点数 315点 49点
AF速度 0.03秒 0.1秒
連写 24コマ  10コマ
シャッタースピード 30-1/32000秒 60-1/16000秒
動画 4K

log対応

4KHDR

HD 120fps

960fps

4K

HD 120fps

4Kライブクロップ

NDフィルター 内蔵 無し  無し
カメラ内RAW現像 無し あり
サイズ 101.6×58.1×42.8mm  111.2 x66.4×45.2
質量  301g  340g
RX100M6 TX2

※海外発表時にNDフィルターを搭載していると勘違いしていました。

ルミックス TX2は望遠側が35mm換算で360mmというのは強みですが、そのせいかF値が暗いのと、サイズや質量に差が出ています。でも、TX2はダイヤル類が多くサイズ的にも操作性的にもこちらがいいと言う人もいるでしょう。

RX100M6は200mmまでに抑えて、バランスよく仕上げてきています。

しかし、1点気になったのが海外の仕様表からはRX100M6はワイド端でもあまり寄れない?と言う事でしょうか?前モデルRX100M5はワイド端で5cm。

ちなみにRX100M5,M4,M3のレンズは24-70mm f1.8-2.8、初代RX100とM2は28-100mm f1.8-4.5です。

焦点距離は望遠まで必要なく明るいレンズが欲しい場合は、前モデルを選ぶという選択肢が出てきます。

パナソニックで言うルミックス LX9(24-75mm f1.4-2.8)を選択するのに近い感じです。

最後に

インスタのRXシリーズの公式アカウントにフォローされてしまう程、RX100シリーズの愛好家としては買うしかないです!

だってRX100M4が最近故障して、M6が出そうだったのでM5を買わずに、再び初代RX100を買ってRX100の使い方について一層研究していたからです。

最近のRX100の記事一覧

海外の出荷は来月7月発売の約1,200米ドル。早く国内の発表しないかな!

追記:国内でも発表されて6月22日発売で14万円前後です。予約は12日から。)

普段使いのカメラはこれでOKです。

ポケットサイズに高倍率ズーム、動画も最強、タイムラプスも撮れる(おそらく)もう欲しいです。

でも欲を言えば、個人的にRX100M6に期待していたことは以下

・レンズが「24-100mm F1.4-F2.8」もしくは超広角「16mm-50mm F1.8-2.8

液晶を可動させた時に、ファインダーが切り替わらない。(α6500の仕様)

先行展示分を確かめたところ上記の仕様になっていました。

起動速度を速めて欲しい

防滴・防塵(RX10シリーズは防滴・防塵)

参考:sony.com

↓先行展示分を触ってきました!

RX100M6の先行展示分を触ってきたレポート!

こちらの記事もよく読まれています。

↓RX100の写真はブログ上ではミラーレスと判断できない?良く写るからRX100で十分!

ミラーレスと高級コンデジで撮った夜景はブログ上で判断可能か??

↓RX100シリーズの比較

【愛用者が徹底比較】SONY RX100シリーズ高級コンデジの比較まとめ(RX100M6・RX100M5・RX100・M2・M3・M4)

↓インスタグラムのアカウント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
趣味で神戸を中心に関西周辺の写真やタイムラプスや動画を撮っています。 SONYのカメラとiPhoneを愛用しています。 【最近のお問い合わせ事例】 ・タイムラプスの撮影依頼 ・夜景撮影の依頼 ・室内写真の撮影依頼
スポンサーリンク



シェアする

スポンサーリンク