SONY 『smart watch3』を2か月使ってみて、「よかったこと」・「よくなかったこと」|「Apple Watch」を検討の方も参考程度に

シェアする

DSC09909

SONYから販売されている「SmartWatch 3」を購入してから、

2か月くらい経ちます。

【関連】

【開封レビュー】SONY 防水・防塵「SmartWatch 3 SWR50 」(Andoroid Wear搭載)を購入した3つの理由
11月28日発売のSONY 『SmartWatch 3 SWR50』の紹介です。 SONYとしては、SmartWatchは第3世代とな...

そろそろ使ってみての感想を書いてみます。

スポンサーリンク

いいところ

・通知が手元で確認できる。

例えば、メールの確認は非常に便利です。

スマホを取り出さずに、メール全文を確認する事ができます。

また天気予報なども自動で表示されます。

DSC09913

・スマホの音楽プレーヤーのリモコンに

AndroidはiPhoneと違って、イヤフォンのリモコンに対応していない場合が多い。

しかし、音楽プレイヤーと連動して、スキップや音量調整が手元で可能なので

いちいちスマホをポケットから出す面倒くささから解放された。

よくないところ

・バッテリーの減りが早い

2日間は通常仕様で持つと公開されていますが、

逆に言えば1日でバッテリーの表示が『50%』になっていたら、毎日充電するしかないと思います。

また気づいたら充電が切れていた事も何度かありました。

・充電方法が面倒くさい

DSC09914

写真を見て頂くと分かるように、充電が面倒くさいです。

・現段階でバンドのデザインがカジュアル

img01_10new

ブラック、ライム、ホワイトの3バリエーションとのことですが、

ライムは2015年3月発売です。

メタルバンドも2月から世界で販売されるようです。

SmartWatch-03

04 SmartWatch 3 stainless steel lifestyle 2 05 SmartWatch 3 stainless steel lifestyle 1

(photo by sonymobile.com)

ビジネスで使うには、メタルバンドがカッコいいです。

その他の機能

音楽プレイリストを本体に直接ダウンロードし、スマートフォンがなくても音楽を楽しめることも可能。

しかし、このためにはワイヤレス(Bluetooth)対応のイヤフォンやヘッドフォンが必要。

DSC09904

防水仕様である点は日常生活での使い方に困らないと思います。

しかし、水滴に当たると画面が反応することもあります。

インターフェースのデザインが好みに変えれます。

DSC09906

ToDoリスト管理も使い慣れたアプリが可能です。

1 Evernote for Android Wear

1 Todoist

まとめ

2か月あまりずっと腕に付けて使用してきましたが、

いい点でも書いた通り、スマホを取り出さずに、メールやSNSの通知が分かるのは便利です。

もちろん電話の通知もです。

しかし、音声を使った「OK Google」検索はあまり使う機会がなかったです。

結局、検索する場合はスマホの画面で見た方が断然早いからです。

もう少し充電が持つようになればいいかと思います。

また「Xperia Z3」など「iPhone 6Plus」のような大画面のファブレットと呼ばれる機種が

広まってくれば、smartwatchの使い方も便利になってくると思います。

今の日常生活でスマホを忘れると大変なくらい生活に密着していますが、

smart watchを忘れたり、充電が無くなってもあまり困りません。

スポーツをする時など手軽に出かけたいときは、ライフログと音楽をダウンロードしていれば役割は果たしてくれます。

これか発売される「Apple Watch」も気になります。

「Apple Watch」の方が、インターフェースや使い勝手のデザインなどこだわりを持って

クオリティは高い状態で登場すると思われます。

そして、Appleは専用のアプリの開発も進めているようなので、

便利なアプリの登場も期待されます。

またAppleは、販売や商品に対するブランディングの仕方も非常に上手なので、

「Apple Watch」の登場でスマートウォッチの見方も変わってくるかもしれません。

ウェラブル端末smart watchと用途は似ていると思いますので、

「Apple Watch」を検討されている方も参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。