SONYがRX10 III (DSC-RX10M3)をリリース!24-600mm F2.4-F4の高倍率ズームを搭載。

シェアする

2

ソニーがRX10III(RX10M3)を発表しました。

特徴としては、24-600mm F2.4-F4のZEISSバリオ・ゾナーレンズ、20.1 MPのメモリー一体1.0型積層型Exmor RS(R) CMOSセンサー搭載4Kビデオ録画スーパースローモーション機能です。

追記:「RX10M2」を持っているので気になり、ソニーストアで触ってきた感想をUPしました

【簡易レビュー】SONY RX10 III (DSC-RX10M3) 発売!RX10M2との違いや触った感想
ソニーの高級コンデジ「RX」シリーズの高倍率ズームを搭載した新型「RX10M3」が発売されました。 私はRX10M2を使っていて、やっ...

スポンサーリンク

新ZEISSバリオ・ゾナーT *の24〜600mmF2.4 – F4レンズ

このRX10IIIの一番の進化はレンズです。

1

24〜600mm ZEISSバリオ・ゾナーT *F2.4-F4.0。 F2.4-F11の範囲の絞りユニット自体は近くのサークルを作成するように設計されているブレードを持っています。

拡張されたズームレンズは、合計で1つのスーパーEDガラス要素、5 EDガラス要素とすべての色収差を最小限に抑え、高コントラスト、超シャープな画像品質を提供するために、2 ED非球面レンズを含む8 EDガラス要素を備えています。また、フレアやゴーストを最小化し、正確な、忠実な色再現を提供するためZEISST *コーティングを有します。

4K動画

前モデル同様に4K動画記録が可能です。

4K動画は全画素読み出しで、1.7倍のオーバーサンプリングです。

XAVC Sの少ない圧縮ノイズと細かい詳細を明らかにする高ビットレート4K 30Pの(最大100 Mbps)、フルHD(最大50 Mbps)の記録が可能です。

ピクチャプロファイルはミラーレス一眼に搭載されているS-Log3は搭載されてなく、S-Log2が選択可能です。

簡単な仕様

センサータイプ
1.0型(0.52 “×0.35″)ExmorRS®CMOSセンサ、アスペクト比3:2
画素数(有効)
約 20.1メガピクセル
光学ズーム
25倍
EVF
0.39型電子ビューファインダー(XGA OLED)、2359296ドット
ISO感度(静止画)
ISO 100から12800(1/3ステップ)(ISO 80分の64まで拡張可能)、オート(上限/下限で選択ISO 100から12800、)、マルチフレームNR:ISO100-25600 (1 EVステップ)、オート(ISO 100から128000)

サイズ・重量

e13075362a4aed204a6afe9bc937dac120bdcc6c1abf5b370f0f832ca6d49538

外形寸法(幅×高さ×奥行)
132.5 X 94.0 X 127.4mm 約1095g(バッテリーとSDカードが含まれています)

(RX10 II 129.0 x 88.1 x 102.2mm 約813g)

RX10 IIIの外観

0cc8483d9e253574104eafd4041075eb

718c2aa42d01c62a552d01bb0f64ecd4 (1)

51f1b8e13ab366794d67210aff5723f0 169e14042dfea329de94bbc3006f5b9f f2cb407b0dfe23b402601a7a5ace7d63 f76f4ee9718d92ef477d296e904744c8 fa4c5cf61ecac8de03c1c0c09c41a56b 84945b0bc8144fd6916e4b53328b016b 356bc1003791a257f24954f1d9190e53

最後に

海外発表で英語のサイトをざっと確認しましたが、RX10M2からの進化はレンズにあるようです。

やはりPanasonicやキヤノン、そしてNikonも高倍率ズームを搭載した1型センサーのカメラを用意しているので、それに対抗してきたのでしょう。F4というのも魅了の一つかもしれません。

それ以外では、さほど大きな進化はありませんが、RX10M2の後継機としては早いリリースで驚きました。

私は現在、RX10M2を使用していますが、ミラーレス一眼(α6300)に比べてレンズ交換の手間が省けるのと、それに伴いレンズを何本も用意しなくてよく、即座に多彩なシーンで撮影が簡単にできるのでメリットに感じています。

【レビュー】SONY 「RX10M2」レンズ一体型のハイエンドコンデジでは最強の動画カメラ
今回はSONYのハイエンドコンデジRXシリーズの「RX10M2」の紹介です。 RX10M2はレンズ一体型の高倍率ズームレンズ搭載のネオ...

先日、神戸に寄港した世界最大級の豪華客船クァンタム・オブ・ザ・シーズの撮影の時もRX10M2の高倍率ズームが非常に役にたちました。

参考程度に動画を貼っておきます。

今の私は正直、600mmの望遠は必要ありませんが、野鳥撮影などM2では届かなかったシーンでも使い易い画角になったのではと思います。

この高倍率ズームを活かして、4K動画やスーパースローモーションも撮影できるので撮影の幅が広がると思います。

外観を見る限りでは、レンズ周りのダイヤルなどが改善されていて、RX10M2の操作性は全然悪くなく使いやすかったのですが、更に向上しているように見えます。

サイズや重量は、RX10M2よりレンズのおかげで大きくなっています。

価格は1500ドル前後で、RX10 II よりも200ドル高くなってるようです。

(参照:SONY alphauniverse)

スポンサーリンク