雨上がりの「リフレクション」を楽しむフォトグラフィー

シェアする

top

去年の後半辺りから、雨上がりの水溜りを探すのにハマっています。

雨上がりでなくても雨の日の水溜りでもいいのですが、どちらかと言うと水面が静止している方がいいので、雨上がりの水溜りの方が好きです。

IMG_2435

そのため雨上がりの日は、水溜りを意識しています。

スポンサーリンク

水溜りリフレクションの新鮮な景色

水溜りリフレクションは、思いがけない景色が美しく映し出されている新しい発見があります。

Processed with VSCOcam with hb1 preset

この冒頭の写真も普段は目にすることの出来ない光景が小さな水溜りによって美しく新しい景色を作ってくれました。

IMG_3083

実際はこんな必死のアングルで撮っています。

IMG_3078

先程の写真はカメラを地面に置いて水溜りスレスレで撮影しました。いろいろアングルを試した結果、このアングルが全ての景色を映し出してくれたからです。

たぶん、周りから見ると水溜りの周りで何してんだろう??と思われているに違いないです。

しかも、こんな神戸のど真ん中で(笑)

Processed with VSCOcam with a5 preset

Processed with VSCOcam with hb1 preset

Processed with VSCOcam with hb2 preset

普段から目にすることができる、池や人工の水のリフレクションももちろん素敵です。

Processed with VSCOcam with a5 preset

しかし、普段、気にしていないと目につかない水溜りが作りだすリフレクションは自分だけの世界を作ったような感じで、思わぬ新しい景色が写真を撮る意欲を沸かしてくれます。

Processed with VSCOcam with hb1 preset

Shot on iPhone6

今までは晴れた日のスカッとした絵が好きでしたが、いろいろと撮っていくうちに雨の日や曇りなどが作りだす独特の雰囲気も好きになってきました。

またいろいろといろいろな環境で試していきます。

使用カメラ

SONY α6000

SONY RX10 II

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク