いつのまにかYoutubeのiOS/Androidアプリが「60fps」に対応していた

シェアする

いつの間にかモバイルアプリ版のYoutubeが60fpsに対応していたんですね。

調べてみると7月1日から、iOSおよびAndroid版のYouTubeアプリに対応していたようです。

モバイルアプリの画質の変更は以下です。

Youtubeの動画を再生し画面をタップしてアイコンを表示させます。

あとは写真の方法です。

1

2 3

もちろん、一般的な動画は30fpsでアップされていることが多いですが、60fpsでアップされている動画が条件です。

是非、いつもと違う滑らかなヌルヌル感のある動画を試してみて下さい。

最近、α6000が「 XAVC-S 」に対応したこともあり、コチラの動画は60fpsでアップしています。

コチラの記事もどうぞ!

SONY「α6000」がアップデートでXAVC Sに対応&起動時間が短縮!起動時間の比較動画あり。
本日16日、ソニーのミラーレス一眼「α6000」のソフトウェアアップデートVer.2.0に伴い、動画記録が高ビットレート記録フォーマット...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。