いつのまにかYoutubeのiOS/Androidアプリが「60fps」に対応していた

スポンサーリンク



いつの間にかモバイルアプリ版のYoutubeが60fpsに対応していたんですね。

調べてみると7月1日から、iOSおよびAndroid版のYouTubeアプリに対応していたようです。

モバイルアプリの画質の変更は以下です。

Youtubeの動画を再生し画面をタップしてアイコンを表示させます。

あとは写真の方法です。

1

2 3

もちろん、一般的な動画は30fpsでアップされていることが多いですが、60fpsでアップされている動画が条件です。

是非、いつもと違う滑らかなヌルヌル感のある動画を試してみて下さい。

最近、α6000が「 XAVC-S 」に対応したこともあり、コチラの動画は60fpsでアップしています。

コチラの記事もどうぞ!

SONY「α6000」がアップデートでXAVC Sに対応&起動時間が短縮!起動時間の比較動画あり。
SONY「α6000」がアップデートでXAVC Sに対応&起動時間が短縮!起動時間の比較動画あり。
本日16日、ソニーのミラーレス一眼「...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
趣味で神戸を中心に関西周辺の写真やタイムラプスや動画を撮っています。 SONYのカメラとiPhoneを愛用しています。 【最近のお問い合わせ事例】 ・タイムラプスの撮影依頼 ・夜景撮影の依頼 ・室内写真の撮影依頼
スポンサーリンク