発売日決定!SONYサイバーショット「RX1R II ( DSC-RX1RM2 )」 2月19日(金)発売!

シェアする

無題

発売が延期されていた、フルサイズセンサー搭載の高級コンデジSONY「RX1RII」の国内の発売日が決定しました。

発売日は2016年2月19日(金)発売

スポンサーリンク

RX1R IIの主な特徴

1

去年の発売予定から長らく待っていた人も多いと思います。

改めて、RX1RIIの特徴を載せておきます。

有効約4240万画素、35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー

RX1RM2_feat_01

有効画素数はなんと4240万画素の高画素に、35mmのフルサイズにも裏面照射型センサーを搭載してきました。画像処理エンジンもBIONZからBIONZ Xへ変更されて高い解像感による自然な立体感を実現し、より豊かな表現力が備わっています。

このセンサーは、あのフルサイズミラーレス一眼「α7RII」と同じもの積んでいるそうですが、レンズ一体型の特性を生かして、レンズやセンサーの特性を最大限に引き出しています。

ちなみにレンズの仕様は前モデルと同じです。

ZEISSゾナーT* 35mm単焦点レンズF2

高速・高精度を両立するファストハイブリッドAF

RX1RM2_feat_02

・399点像面位相差AFセンサーによる「ファストハイブリッドAF」を採用。30%高速化。

これも「α7R II」と同等性能です。

・連写:追従AFのAF-Cフォーカスモードで5コマ/秒。

世界初光学式可変ローパスフィルター

RX1RM2_feat_03

液晶層に電圧を加えて駆動をコントロールすることにより、ローパスフィルター効果のオン/オフの切り替えが可能。

XGA OLEDファインダー、可動式液晶モニター

RX1RM2_feat_04

ワンタッチでポップアップと収納ができるファインダーを搭載。ファインダー倍率は0.74倍で、クリアで歪みのない高い視認性を実現しました。RX100M4のようにEVFをポップアップ後、アイピース部分を引き出す必要がなくなり、収納時もワンアクションでアイピース部分が短縮して閉じるようになっています。

また、可動式液晶モニターを搭載し、撮影ポジションの自由度を広げます。

最後に

いよいよ発売ですね。非常に欲しいですがさすがに高額すぎて手がでません。

ギャラリーをみてもスゴイ解像度です。この高画素で手ブレ補正が搭載されていないので少し気になりますが、ファストハイブリットAFや「可変ローパスフィルター」の採用など機能面でも妥協しないカメラですし、今流行の4K動画は搭載されていなく、本当に写真を楽しみたい道具です。

参照:SONY RX1RII デジカメ Watch

スポンサーリンク