iPhone6sはソニー製の低照明下に強い1200万画素の「RGBWセンサー」搭載か??

シェアする



Processed with VSCOcam with a5 preset

Cult of Macによると、次期iPhoneの「iPhone6s」はソニー製の1200万画素のセンサーを搭載すると報じられています。

そのセンサーは、低照明下でもきれいな写真が撮れる「RGBWセンサー」を採用するのではとのこと。

以前、iPhone6sのカメラは、ピクセル数が増すもピクセルサイズが減少し、低照明下での撮影に弱い可能性があるという噂も出ていました。

このセンサーが採用されれば、上記の問題も回避できそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
趣味で神戸を中心に関西周辺の写真やタイムラプスや動画を撮っています。 SONYのカメラとiPhoneを愛用しています。 【最近のお問い合わせ事例】 ・タイムラプスの撮影依頼 ・夜景撮影の依頼 ・室内写真の撮影依頼
スポンサーリンク



シェアする

スポンサーリンク