iPhone6sはソニー製の低照明下に強い1200万画素の「RGBWセンサー」搭載か??

シェアする

Processed with VSCOcam with a5 preset

Cult of Macによると、次期iPhoneの「iPhone6s」はソニー製の1200万画素のセンサーを搭載すると報じられています。

そのセンサーは、低照明下でもきれいな写真が撮れる「RGBWセンサー」を採用するのではとのこと。

以前、iPhone6sのカメラは、ピクセル数が増すもピクセルサイズが減少し、低照明下での撮影に弱い可能性があるという噂も出ていました。

このセンサーが採用されれば、上記の問題も回避できそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。