SONY α6500を発表!5軸手ブレ補正とタッチパネルを搭載のAPS-C ミラーレス一眼フラッグシップ

シェアする

y_ilce-6500_mainvisual_ft01SONY α6500を発表

ソニーはAPS-Cセンサーのミラーレス一眼「α6500」を発表しました。

2016年12月2日発売

特徴は、世界最速のAFスピードとボディ内5軸光学式手ブレ補正とAFポイント425像面位相差AFセンサー、タッチスクリーンAF動作、24.2 MPExmor®CMOSセンサーtと新開発フロントエンドLSIによる圧倒的な高解像などを搭載したAPS-C機のフラッグシップモデルです。

同時に世界最速AF搭載の高級コンデジ「RX100M5」も発表されました。

スポンサーリンク

比類のないAF能力

AFシステムはα6300と同じ425像面位相差AFセンサーが採用されていますが、よりハイスピードな新開発フロントエンドLSIの採用によって高速化され大容量バッファーメモリーによる、307枚までの高速連続撮影

ボディ内5軸手振れ補正

a2558242ab7e82ed1ea97ef288e4941f

α6500はα6300と同等サイズにも関わらず、ボディ内5軸手振れ補正を搭載してきました。

サイズ 約120.0(幅) x 66.9(高さ) x53.3 (奥行き)mm 453g

(α6300のサイズ:約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 48.8 (奥行き)mm 約404g)

フォーカス可能なタッチパネル搭載

e0210f19952a2336ccc800b7981b0e07

α6500は、ユーザーが単純に画面にタッチして、被写体にピントを合わせることが可能な、タッチスクリーン機能を搭載しています。これは、その高度なAFシステムやビデオ撮影機能に強力な味方になりそうです。

24.2 MP Exmor CMOSセンサー、BIONZ Xプロセッサと新しいフロントエンドLSI

有効約2420万画素の「Exmor(エクスモア)」CMOSセンサーを新開発。銅配線の採用と回路プロセスの進化により、集光効率を大幅に向上させ、読み出し速度を高速化。画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)との組み合わせでISO100-51200の幅広い感度領域での撮影を可能にし、解像力と低ノイズを高いレベルで両立しています。

バッファーは大幅に増強されて、11コマ/秒の連写で、200枚以上の撮影が可能です。

新開発のフロントエンドLSI搭載により連続撮影のために拡張バッファーが強化されています。

全画素読み出しによる圧倒的な高解像4K動画記録

Super 35mmフォーマットでの高解像な4K動画が本体内で記録可能。画素加算のない全画素読み出しにより、4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍(6K相当)の豊富な情報量を凝縮して4K映像を出力。オーバーサンプリング効果により、圧倒的な解像力を誇る4K画質を実現しています。

スローモーション、最大100 Mbpsで120 fpsでフルHDを記録する能力が含まれます。

α6500に新しいスローモーションやクイックモーションの両方をサポートしています。

このモードでは、120 fpsに1 FPSのフレームレートは最大60倍速い動きと5倍スローモーション記録を選択することができます。このモードでの映像ショットは、PCベースの後処理を必要とすることなく、撮影後にプレビューすることができます。

幅広いダイナミックレンジでの撮影を可能にするS-Log3、S-Log2ガンマを新搭載。

強化された操作性と信頼性

370f8486b639d4cbe4d776befb848f37

α6500は、ソニーの絶賛α7IIシリーズの使いやすさの多くを適応しながらα6000シリーズの移動性を維持し、洗練されたデザインを持っています。

α6300と同じ高コントラスト、高精細240万ドットXGA OLEDトゥルーファインダーを備えています。

α6500に新しいハードウェア機能は、マグネシウム合金ボディと防塵・防滴に配慮した設計。

そして約20万リリースサイクルのテストされた寿命と高耐久性シャッターが含まれています。

より大きなリリースボタンと「C1」、「C2」、「C3」(α6300はカスタムボタン2つ)を含む合計10カスタムボタンが備わっています。

最後に

まさか今年にα6300が発売されたのに驚きの発表です。

現在α6300を使っていますが、やはり一番欲しかったボディ内5軸手振れ補正は嬉しいです。

a6300の手持ち動画はコチラ↓

上の動画は手振れ補正内臓の SEL35F18で撮影しています。

動画を撮る際に簡単に撮影する時に手持ち撮影も多々あります。その時にレンズ選びにどうしても手振れ補正内蔵のレンズを選択していました。

しかし、α6500ならFEレンズや手振れ補正無しのレンズの選択も広がります。

また大幅なバッファーの増量により、動画性能だけでなく動体に強いカメラとなりました。

もちろんタッチパネルとの併用でα6500の高速AFが更に生かせそうです。

これはα6300発表前に期待していた性能がのってきた感じです。

これこそミラーレス一眼に期待していたカメラにふさわしいです。

詳しいスペックはコチラ

f8ba91656b8cb974e93233ea59cd6b3de7a16d82668e1a2c57ce4e722ee4e416 d9024c49aa6639d72cf84cf4787c758e c8131cd8398001c02fc37a4d8c8c6342 aabaf4fa0931e98deb15e17fab8d975a a654809570a55de6df9adf1dabdcb32a 2c68d2c45800050924efb904e1f9e6c3 5e3bb8bc2926736939f32bb480ddc103

ソニーのミラーレスについてはコチラ記事もどうぞ!

【綺麗な写真を残そう!】ソニーのミラーレス一眼をまとめてみた。

コチラ記事もどうぞ!

SONY DSC-RX100M5(RX100 V)を発表!世界最速AF搭載の1型センサー高級コンデジ

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    4K動画こちらにあるみたいですよ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。