SONY「α6000」がアップデートでXAVC Sに対応&起動時間が短縮!起動時間の比較動画あり。

シェアする

a6000

本日16日、ソニーのミラーレス一眼「α6000」のソフトウェアアップデートVer.2.0に伴い、動画記録が高ビットレート記録フォーマットXAVC Sに対応し、60p/30p/24p動画を記録することができるようになりました。

これまでAPS-C機では、α5100のみが対応していましたが、「α6000」にも対応する事になりました。

また、バージョンアップに伴い、α6000以外にも、α7「ILCE-7」、α7R「ILCE-7R」、α7S「ILCE-7S」の本体の起動時間が短縮されます。

スポンサーリンク

アップデートで起動時間の比較

2.0

早速、アップデートしてみました。

起動時間は、アップデート前より早くなっています。

下の動画より確認できます。

α6000の起動時間比較

α7の起動時間比較

α6000 XAVC-S テスト

追記:いつも参考にさせて頂いています「sonyalpharumors」のページに、当動画がUPされていました。ありがとうございます!

Sony releases a new firmware update for the A7/A7r/A7s and A6000!

アップデートはコチラから。

デジタル一眼カメラ「ILCE-7」、「ILCE-7R」、「ILCE-7S」、「ILCE-6000」本体ソフトウェアアップデートのお知らせ

コチラ記事もどうぞ!

【レビュー】 SONYのミラーレス「α6000」ミドルクラス一眼としておススメカメラ
今回は、ソニーのミラーレス一眼「α6000」の使用レビューを書きます。 その前に、僕はもともと一眼レフを少し使用していて、ミラ...

追記:α7の起動時間比較の動画を追加しました。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。