【レビュー】ソニー「SEL35F18 」ソニーミラーレス単焦点レンズ選び その1 

シェアする



こんにちはYuu(@yuu_u1)です。

今回は、いつもSONY α6300にスナップとかでほとんど付けっぱなしの愛用のレンズを紹介します。

そのレンズは「SEL35F18 (E 35mm F1.8 OSS)」です。

単焦点レンズというやつです。

単焦点レンズ??

焦点距離が固定されているレンズのことです。ズームできないレンズです。

特徴としては、明るくてボケる!よく写つる!といった感じです。

このSEL35F18は、35mm換算で52.5mmと標準画角で、扱いやすいレンズです。

APS-Cのレンズなので、α6500α6300α6000に対応したレンズです。

OSS(Optical Steady Shot)という手振れ補正を搭載しているので、ボディ側に手振れ補正がないα6300やα6000でも安心して使用できます。

今、キットレンズ(SELP1650)からのステップアップや単焦点レンズで迷われている人には、おすすめの1本です。

スポンサーリンク



35mm換算で52.5mmという画角

換算で50mm付近の画角は、カフェやランチの写真を撮るには最適の画角です。広くもなく狭くもなく欲しいところを切り取ってくれます。

風景や街中のストリートスナップも標準画角なのでバッチリな画角です。

キットレンズの広角側16mm(35mm換算で24mm)やiPhoneで撮ることに慣れていると、最初は狭く感じるかもしれませんが(最初の自分がそんな感じでした)、慣れてくるとこの画角が本当にちょうどよく感じてきます。

F1.8という明るさ

開放F値1.8の明るく美しいぼけ味を生かした撮影が可能です。

とにかくF値を1.8とか数値の低い方に設定すると、簡単にボカす事が可能です。

キットレンズ(SELP1650)の場合は、同じ焦点距離の場合は、開放F値が5.6になるので、こういったボケを生かした写真は難しく暗い場面ではISOが上がってしまいます。

 

開放で撮ると、手持ちで夜景が十分撮れます。

SEL35F18で撮った写真

 

SEL35F18とα6300で撮った4K動画

レンズに手振れ補正が内蔵されているので、α6300との組み合わせで手持ちで撮影しました。

撮影の詳細は下のリンクから

大阪駅周辺をカッコよくSONY α6300で一眼動画を撮ってみた

外観など

α6300との組合せです。

花形フード付きです。サイズもコンパクトです。

APS-Cフォーマット専用
焦点距離 35mm
35mm換算 52.5mm
解放絞りF値 1.8
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 0.15
手振れ補正 あり
フィルター径 49mm
サイズ 63*45mm
質量 154g

最後に

一眼っぽい、背景をボカした写真やキットレンズからのステップなど、SEL35F18は非常に使いやすい画角で最初におすすめする単焦点レンズです。

単焦点レンズを検討されているかたは是非!

購入の際に一緒にどうぞ!

日中の開放で撮影する場合は、NDフィルターがおススメです。

コチラの記事もどうぞ!

【SNSから写真家になれる時代!】今話題インスタグラマーの濱田英明さん×保井崇志さんのトークライブへ行ってきた

スマホより綺麗に撮れるデジカメ

【2017年】綺麗に撮れる「高級コンデジ」 おすすめ7選 比較も

単焦点レンズのレビューです。

今回紹介したSEL35F18よりさらに明るくコスパの高いレンズでオススメです。

【レビュー】単焦点レンズ 「SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary」SEL35F18とどっちがいい?ソニーα6300にて(α6500,α6000)

【単焦点レンズ】SONY ミラーレスα6500,α6300,α6000の単焦点レンズおすすめ8選
こんにちはYuu(@yuu_u1)です。 ミラーレス一眼を購入するとレンズ選びが悩ましい問題となっ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
趣味で神戸を中心に関西周辺の写真やタイムラプスや動画を撮っています。 SONYのカメラとiPhoneを愛用しています。 【最近のお問い合わせ事例】 ・タイムラプスの撮影依頼 ・夜景撮影の依頼 ・室内写真の撮影依頼
スポンサーリンク