Nikon D500登場!DXの最上位機種 153点AFシステムや4K動画記録など

シェアする

main_01

Nikonからスゴイカメラが発表されました!「D5」と「D500」です。

自分としては、以前D7000を持っていたのでDXフォーマットの「D500」に興味がありますので、「D500」について書いていきます。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D500

DXフォーマットの3桁台の機種は、最上位機種に位置し、「D500」はD300の後継機にあたります。

まあ、驚いたのがここまでもか!?というような機能を載せてきた点です。

まずはコチラの動画をご覧下さい。

「D500」のプロダクトムービーです。

3 03 2

スポンサーリンク

「D500」の主な特長

それではNikon D500の特徴をみていきます。あのキヤノン EOS 7D Mark IIを上回るようなスペックです。

153AF POINTS

新世代の153点AFシステムを搭載。
新開発の「マルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュール」を採用し、153点のフォーカスポイント(中央部と周辺部の99点はクロスセンサー)で広い範囲を高密度にカバー。中央のフォーカスポイントで-4 EV、その他のフォーカスポイントすべてで-3 EVを実現※しており、低輝度下やコントラストの低い被写体でもAFが可能です。

※ISO 100、常温20℃のとき。

※EOS 7D Mark IIのオールクロス65点AFセンサー

10fps up to 200shots

約10コマ/秒の高速連続撮影に加え、連続撮影時のファインダー像の見やすさを実現。捉えることが難しい、動きが速い被写体でも容易に追い続けることができます。
バッファーメモリーの大容量化などにより14ビット記録のロスレス圧縮RAWで200コマまでの連続撮影が可能です。

EOS 7D Mark IIは最高約10コマ/秒。連続撮影可能枚数JPEG(ラージ/ファイン):約1090枚、RAW:約31枚、RAW+JPEG(ラージ/ファイン):約19枚

DX AGILITY

軽快な撮影ができる、DXならではの小型システム
今回キットレンズに採用した5倍標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」と組み合わせても質量は約1340 g※。
また、素材には炭素繊維複合素材とマグネシウム合金を採用し、構造はモノコック構造を採用。

※バッテリー、XQDカード1枚、レンズを含む。

4K UHD

1080/60pに加えて4K UHD(3840×2160)/30pにも対応しています。HDMI出力が可能なほか、カメラ内で生成、記録する微速度動画も4K UHDに対応しています。
また、フルHD、HD動画撮影時には、手持ち撮影による上下、左右、回転の3方向のブレの影響を軽減する「電子手ブレ補正機能」※や、白とび、黒つぶれを抑えた自然な明るさの映像が得られる「アクティブD-ライティング」も使用できます。

まさか4Kを搭載してくるとは思っていませんでしたが、写真にも動画にも強い機種となりそうです。

※フルHD時は撮像範囲が若干狭くなります。

ISO 51200 EXPEED5

「D5」と同じ最新の画像処理エンジン「EXPEED 5」と新開発のニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、常用感度ISO 100~51200、減感 ISO 50相当(Lo 1)、増感 ISO 1640000相当(Hi 5)を実現。高感度域でも被写体の鮮鋭感を維持しながら、効果的にノイズを低減します。
また、測光センサーに180KピクセルRGBセンサー(約180,000ピクセル)を新たに採用し、アドバンストシーン認識システムの性能をさらに向上。顔の検出力をさらに強化しました。ちらつく照明下でも撮影時の露出のばらつき等を抑える、静止画の「フリッカー低減機能」※も搭載しています。

※連続撮影速度が低下することがあります。

その他の機能

より快適な撮影を実現する、タッチ操作・チルト可動の高精細3.2型画像モニター
画像モニターにはタッチパネルを採用。「フレームアドバンスバー」による高速画像切りかえや、文字入力などに加え、タッチAF、タッチシャッター(静止画撮影時のみ)も可能です。
また、上向き最大約90度から下向き最大約75度までの広い範囲で自由な角度にチルトできる3軸ヒンジ構造を採用し、撮影の自由度を高めています。

カメラとスマートデバイスをシームレスにつなぐアプリ「SnapBridge」に対応
「D500」は、Bluetooth® low energyによって、「SnapBridge」(無料)をインストールしたスマートデバイスとの常時接続が可能です。「D500」で撮影した写真のスマートデバイスへの自動送信や、スマートデバイスからのリモート撮影、日時・位置情報の自動同期などが行えます。

高速な有線LAN/無線LAN通信を可能にするワイヤレストランスミッター 「WT-7」(別売)を用意

感じた事

DXの最上位機種にふさわしい機能を載せてきました。AFポイントの153点やISO感度の強化などD5と同等の「マルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュール」を搭載。非常に凄すぎます。

写真のみでなく動画撮影も凄く強化されていて、APS-C機の中では最強と言っても過言でないカメラの登場です。

4Kはミラーレスのみに搭載されていましたが、Nikonはレンズが非常に豊富なため一眼動画を行っている方にも興味をそそる機種です。

発売は3月予定。価格はオープン。店頭予想価格は、ボディが25万9,000円前後、D500 16-80 VRレンズキットが34万円前後(税込)。

デジタルカタログはコチラからダウンロード可能です。

参照:Nikon

Nikon デジタル一眼レフカメラ D500

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。