ライカがフルサイズミラーレス一眼「ライカ SL(Typ601)」とレンズ3本を発表!

シェアする

ライカから、ライカ初となるフルサイズミラーレス一眼「Leica SL(Typ601)」とレンズ3本を発表しました。本体、レンズの発売は2015年11月16日から。

overview_gallery_01_2002x1126_teaser-1200x675

35mmフルサイズのローパスフィルターレス2400万画素CMOSセンサーを搭載し、4K動画も撮影可能です。

フルサイズミラーレス一眼はソニーの「α7」シリーズが独占していましたが、ここにきてライカが参入してきました。

レンズは以下が発表されました。

・標準ズームレンズ「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPH.」

以下のレンズは2016年の発売

・望遠ズームレンズ「ライカ アポ・バリオ・エルマリートSL f2.8-4/90-280mm」

・標準大口径レンズ「ライカ ズミルックスSL f1.4/50mm ASPH.」

スポンサーリンク

ライカ SLの主な特徴

2400万画素CMOSセンサー

35mmフルサイズのローパスフィルターレス2400万画素CMOSセンサーを搭載。

ISO感度は最高50000まで設定可能。

(SONY α7R II 有効約4240万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー 拡張感度は最高ISO102400)

高速に処理エンジン「LEICA MAESTRO II」

画像処理エンジン「LEICA MAESTRO II」を採用。2GBのバッファメモリーとの連携により、静止画では最大記録画素数2400万画素で最高11コマ/秒の高速連写を実現。

(SONYのα7R IIは高速連写5コマ/秒。)

4K動画では30fpsのフレームレートでの撮影が可能です。インターフェースにはHDMI1.4端子を採用し、4:2:2 10bitの4K画質のプロ水準の映像を伝送でき、HDMIレコーダーとの組み合わでプロ水準の映像を撮影・収録が可能。

SDカードへの記録は、4:2:0/8ビット。V-LogLで撮影可能。

2981204353

440万ドット電子ファインダー

電子ファインダー「EyeResファインダー」は、440万ドットと高解像。

表示タイムラグはほとんど気にならないほど。

α7R IIが235万ドットなので倍の解像度です。

details_eyeres_960x640_teaser-480x320

高速オートフォーカス

ライカSLは、0.11秒未満の高速オートフォーカスを実現。「ライカ アポ・バリオ・エルマリート SL f2.8-4/90-280mm」との組み合わせなら、一眼レフを含むプロ仕様のデジタルカメラで最速となるオートフォーカス性能を活用して撮影できます。

オートフォーカスのモードは、被写体に応じて「AF-C(コンティニュアス)」と「AF-S(シングル)」から選ぶことが可能です。49点の測距点に基づいて高速・高精度にピント合わせを行います。タッチAFも利用可能。動体追尾や顔認識も採用。

タッチパネル採用でシンプルかつ直感的な操作

details_handling_01_960x640_teaser-480x320

ライカSLは2.95型104万ドットタッチパネル液晶を搭載。固定式。

背面の液晶モニターの周囲にある4つのボタンと2つのファンクションボタンは、いずれも自由にプログラムできます。

overview_gallery_04_2002x1126_teaser-1200x675

本体上面にはサブディスプレイも搭載しています。

その他

details_robust-bestaendig_960x640_teaser-480x320

ボディは無垢のアルミニウムから削り出しで、カメラ本体の操作系およびレンズにはシーリングが施され、ほこりや水滴がデリケートな内部に侵入しないよう配慮されています。

0747821949

overview_gallery_05_2002x1126_teaser-1200x675  overview_gallery_02_2002x1126_teaser-1200x675

147 × 104 × 39 mm (W × H × D)/847 g

(参考:α7R II 約126.9(幅) x 95.7(高さ) x 60.3(奥行き)mm/約625g)

details_kompatibilitaet_2400x1350_teaser-1200x675

新しいマウントアダプターで、一眼レフや中判デジタルのライカSレンズ、35mm一眼レフのライカRレンズ 、PLマウントのライカシネレンズも利用可能です。

Wi-Fi、GPS機能を搭載。

感じたこと

冒頭でも書いたようにフルサイズミラーレス一眼というとソニーのα7シリーズが思い付きます。

しかし、ボディは似ているようで似ていない仕様です。EVFが400万ドットと高解像度や連写性能もα7R II以上の性能をもっており、プロ仕様となっています。

背面部のボタン類もスッキリしたデザインとなっており操作性が気になります。

ライカのHPでは、ミラーレスカメラについてこう書いてあります。

「一眼レフという昔ながらのシステムにこだわり続ける必要がなくなりました。フルサイズのミラーレスシステムカメラには、未来を担うカメラと呼ぶにふさわしい優れた機能や利点が数多くあるのです。」

最近、ミラーレスの進化が激しいカメラ業界ですが、とんでもない機能搭載のカメラが発表されたと思えば、短期間でまた驚くようなミラーレスが発表されています。

ライカSLも新たな革新的なカメラです。価格は、ボディで90万円ほどと高価なので購入する事はできませんが、一度触ってみたいものです。

(参照:ライカSL

追記:ハンズオン写真と動画を追加しました。

_1060918_1060950 _1060925 _1060931 _1060937 _1060941 _1060943 _1060947

(参照:dpreview.com

Leica SL-System – Fast. Direct. No detour. (Official product film) from Leica Camera on Vimeo.

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。