「21世紀の資本」の著書ピケティ氏が都内で日本の格差解消訴え

シェアする

ピケティ氏が都内で会見を行たようです。

下の引用にも記載されていますが、ピケティ氏は経済格差の問題を取り上げた「21世紀の資本」が世界的ベストセラーの著書です。

経済格差の問題を取り上げた著書「21世紀の資本」が世界的ベストセラーとなったフランスの経済学者トマ・ピケティ氏が31日、東京都内の日本記者クラブで会見し、日本は格差が拡大しており、消費増税よりも、「若者に有利となる税制改正」を実施すべきだと述べた。
同氏は質疑応答で、「万人に課す消費税(率)を上げても、あまり良い結果を生んでいない。日本の財政再建は、高所得層に高税を課したり、富を持たない若者や中低所得層の所得税を引き下げたりする取り組みが優先事項だ」と語った。
同書の日本語版発売を機に来日。行き過ぎた格差は、一国の成長に悪影響を及ぼす政治・経済両面の問題だと強調し、制度や政策の見直しによる是正の重要性を訴えた。
欧州で相次いだ多国籍企業の納税回避については、不正抑止に向け、法人税の最低税率を国際的に統一する必要があると指摘。日米欧にルール導入の模索を呼び掛けた。

(Yahoo!ニュースより

日本の社会格差は確実に広まっていくなか、これからますます進む高齢化と少子化を考慮して、

どのようにして日本社会が発展そして維持できるのか重要な問題になってきていると思います。

世界の優良な意見ももっと取り入れて取り組んでいってほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。