遠くから「芦屋の花火」を撮影してきました。

シェアする

P2140559

今年で第37回芦屋サマーカーニバルが行われ、夜には花火が打ち上げられました。

規模はあまり大きくありませんが、花火打ち上げ数は約6000発。

時間は40分ほどです。

スポンサーリンク

初めて花火を撮影

そんな花火を撮影したくて、現地から少し離れたところから花火を撮影してみました。

実は、花火を撮影するのは初めて。

見ての通りあまり上手く撮影できませんでした。(笑)

この場所は、前にフェンスがありレンズがギリギリ入らないような状態で花火も左斜めに見えるので、なんとか三脚を固定して撮影しました。

P2140618 P2140768 P2140769 P2140772 P2140635

一番綺麗に撮れたのは、冒頭の花火でした。

今回使ったカメラはPanasonicのLX100です。

焦点距離が24-75mm F1.7-2.8の明るいレンズが搭載されているので明るさは問題なかったと思いますが、距離が遠すぎたので「デジタルズーム」を使用して200mmくらいで撮影しました。

カメラの設定は、マニュアルモードでf/6.3、シャッタースピードは3.2秒ISOは200でフォーカスはマニュアルにて撮影しました。

今回の結果から花火を撮影するには、カメラの設定は今回の設定を現地でいろいろ見ながら調整するとして、特に需要なのは撮影する場所が一番大切だと感じました。

次回、8月8日の第45回みなとこうべ海上花火大会に行けたら、リベンジしてみたいです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。