【タイムラプス撮影】iOS8よりiPhone標準カメラが新機能 作例紹介

シェアする

iOS8にアップロードされて、いろいろと新機能が追加されました。

今回のアップロードでは、数百の新しい機能が追加されたようですが、
一番気になったのが、カメラ機能の『タイムラプス』です。

スポンサーリンク

 タイムラプスとは

タイムラプス撮影は、以前のインスタグラムのハイパーラプスのエントリー
説明させて頂きましたが、以下のような撮影方法です。

タイムラプス撮影は、微速度撮影やインターバル撮影とも言われ、カメラを三脚に固定して、一定間隔でシャッターを切って、その写真を重ねて動画にしたような感じに仕上げる方法です。

こちらは一眼カメラで撮影したタイムラプスです。

何百枚も同じ位置で写真を撮影して、動画のようになるように編集しています。 分かりやすく言うとパラパラ漫画のような感じです。

iPhoneのタイムラプスで撮影

そして早速、撮影してきました。

下の動画は、iPhoneのタイムラプスで撮影しています。

そして、下の動画は全てiPhoneで編集しています。

アプリはアップルの「iMovie」を使って非常に簡単に編集出来てしまいます。

作例 iPhoneでタイムラプス撮影

 まとめ

この純正カメラのタイムラプスは非常にシンプルで撮影の設定が何もできません。

撮影して自動で編集されて動画になります。

普通なら、デジカメでタイムラプス撮影をするときはインターバル(撮影間隔)を決めたりできるのですが、一切設定もできず、撮影後の動画も自動的に編集されます。

※恐らく0.5秒間隔くらいで撮影していると思われます。

撮影間隔は、別エントリーの『iPhoneの『タイムラプス』を劇的に上手く撮るための方法と機材を紹介』に記載しています。

iPhoneの『タイムラプス』を劇的に上手く撮るための方法と機材を紹介
タイムラプスはiPhoneカメラのiOS8以降に標準で搭載されている機能なので手軽に撮影できるようになりました。 撮影方法やタイムラプ...

撮影の注意点としては、タイムラプスを理解されてい無い方が普段の動画感覚の時間で撮影すると、出来上がりの動画が非常に短くなります。

3分以上、撮影しておくと面白い動画が出来上がります。

また、基本的には静止画を複数枚合わせて動画のように見える処理を行っているために、固定して撮影する事をおすすめします。

【関連】

iPhoneの『タイムラプス』を劇的に上手く撮るための方法と機材を紹介
タイムラプスはiPhoneカメラのiOS8以降に標準で搭載されている機能なので手軽に撮影できるようになりました。 撮影方法やタイムラプ...
久しぶりの「iPhone 6」でのタイムラプス。強風の雲の流れを撮影
久しぶりにiPhone6でタイムラプスを撮ってきました。 iPhoneのiOS8以降には標準カメラにタイムラプス機能が搭載されています...

動きながら撮影する場合は、インスタグラムから配信されています、ハイパーラプスの方がいいと思います。

追記:2015年4月4日

iPhone6で撮影した動画やタイムラプススローモーションをまとめた動画も撮りました。

気になる方はどうぞご覧下さい。

コチラの動画もiPhone6で撮影してiPhone6のみで編集してYoutubeにアップしました。

このような感じの映像なら、デジカメやPCの動画編集ソフトが必要無い感じもします。

iPhone6のカメラが素晴らしい!ここまで「動画」が撮れればデジカメ不要!撮影から編集まで簡単

インスタグラムのハイパーラプスの使い方

iMovieの使い方

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。