皆既日食の影響で世界遺産「モンサンミッシェル」が18年ぶりの「世紀の大潮」。離島に

シェアする

APTOPIX France High Tide

フランス北西部の世界遺産「モンサンミッシェル」が2015年3月21日、皆既日食の影響で「大潮」になり、孤島の姿になった。

珍しい光景なのでエントリーしておきます。

26D4816900000578-3005352-image-a-8_1426943337983

26DC39FB00000578-3005352-image-a-7_1426944628234

モンサンミッシェルの周辺で、14メートルを超える潮位で「世紀の大潮」といわれた。

26DCAD7B00000578-3005352-image-a-38_1426949842776

(Photo by MAILONLINE)
 
当日の動画がUPされていたので載せておきます。

スポンサーリンク

 モン‐サン‐ミッシェルとは

モン‐サン‐ミッシェル【モン・サン・ミッシェル】

フランス北西部、ブルターニュ半島とコタンタン半島に挟まれた湾の奥にある小島で、周囲約900メートル。島を覆うように建てられた修道院は966年に創建されたもので、その後は増改築を重ね、13世紀ごろに、ほぼ現在の形になったとされる。百年戦争の際には要塞として使用された。周囲の湾は干満の差が激しく、かつては干潮時にしか渡ることができなかったが、のちに島と陸をつなぐ通路がつくられた。1979年、「モン‐サン‐ミッシェルとその湾」として世界遺産(文化遺産)に登録され、2007年には登録範囲が拡大された。モンサンミシェル。

(引用:デジタル大辞泉

10a03365fb162914098adee12cf7c90d_large 175e3d15bae2557a26294b48dd9d3d16_large 810d4334422ef8c8a0ed28d545e90807_large

(Photo by iStockphotos)

 Map

50170 Le Mont-Saint-Michel

【関連】

2015年4月4日『皆既月食』お花見と月食を綺麗に残そう!撮影方法も紹介

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。