2015年4月4日『皆既月食』お花見と月食を綺麗に残そう!撮影方法も紹介

シェアする

2015年4月4日は、全国的に『皆既月食』が観測できるようです。

しかも、4月のお花見シーズンです。

夜桜と一緒に皆既月食が観察できる可能性があります。

5316444302_262d097a6b_z 8591824447_65e379052e_z

夜桜とのコラボが楽しみです。

スポンサーリンク

月食とは?

月食は、太陽の光で月が光っているが、太陽の光を地球が遮って月面に影ができて

屈折を起こして赤くなるようです。

photo

(図:光と色と

4月4日の皆既月食が見える時間帯

部分食の始め  4日19時15.4分
皆既食の始め  4日20時54.2分
食の最大    4日21時00.2分
皆既食の終わり 4日21時06.4分
部分食の終わり 4日22時45.1分

月の位置を確認

20150404-m

(図:国立天文台

当日の月の動きは、東の空からのぼり、最大の月食時は南東の空で確認できます。

自分の地域でも月の位置を確認しておこう!

2015-03-06 05.48.22

スマホのアプリを使えば、現在の位置から月の位置が確認できます。

僕が使用しているアプリは、「サン・サーベイヤー」というアプリです。

AndroidとiOS共に対応しているアプリです。

桜とコラボを見るなら、神戸なら「生田川公園」そして西宮の「夙川」もいいですね。

もちろん、近くの桜のある公園でもOKです。

月の撮影方法

撮影方法の前に、望遠レンズを用意するとより大きく綺麗に撮影できます。

望遠レンズは、焦点距離300mm(35mm換算)以上あれば綺麗に撮影できると思います。

昨日(5日)は、満月だったので試しに撮影してみました。

2015-03-06 08.16.30

焦点距離200mm

2015-03-06 08.16.36

焦点距離400mm

コチラの動画は以前、試し撮りしたものです。

上の写真と動画はどちらも高倍率ズームのコンデジで撮影しました。

撮影方法

満月の場合 カメラの設定を「マニュアルモード」に

f値を4~8くらいに設定。

シャッタースピードは、1/400くらいで。

ISOは400くらい。

皆既中は、月が暗くなるのでシャッタースピードを遅く設定しましょう。

三脚があればブレない綺麗な写真が撮影できます。

去年の皆既月食時に、明るさを考慮しないでタイムラプスを撮影した為に、皆既中は暗い状態になり反省しています。

その時の動画はこちら。

【関連】

iPhoneで月を撮影する方法をUPしました。

今日4月4日は「皆既月食」 iPhoneの標準カメラで月を撮影する方法

コチラは去年皆既月食を撮影して感じた事を書いています。

2014皆既月食 月を長時間撮影して感じたこと

おススメのカメラやレンズ

今からでも十分間に合うカメラやレンズ。

お花見シーズでも活躍する事間違いなしです。

3月19日発売 2000mmの超望遠レンズを搭載

4K動画も撮影可能な28-400mmのf2.8-4の明るいレンズ搭載のモンスターネオ一眼
Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ1000 2010万画素 光学16倍 ブラック DMC-FZ1000

【関連】

2015年4月4日の皆既月食は、RX10よりFZ1000がおススメの3つの理由。高倍率ズーム高級デジカメ比較

【春が来た!綺麗な写真を残そう!】女性にも使いやすい ソニーのミラーレス一眼をまとめてみた。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。