Bose(ボーズ) 50年の軌跡を描いた特別シネマ「DREAM+REACH」を見てきました。

シェアする

BOSEは、言わずと知れたアメリカの音響メーカーですね。

去年2014年にBOSEは、創業50年を迎えました。(設立1964年 ボーズの歴史

その50年の原点と軌跡を描いた特別シネマが去年より全国の各ショップで上映されています。

無題

本日は、この特別シネマを見に行ってきました。

 内容は

アカデミー賞を受賞した映画監督モーガン・ネヴィルが制作したショートフィルムです。

上映時間は約20分。

BOSEがどのようにして設立されたか、

企業の成長だけでなく、BOSE博士の起業家、発明家としての生き方を

描いた内容となっています。

起業家として大切などういった精神を持つか非常に勉強になる内容です。

「人と違う事をする」

「一つの事に集中して取り組む」

「諦めない精神」

「想像力を失ってはいけない。いつもより良いもの夢見て それを叶える方法を考える」

成功者は、夢を持ちそれ明確にイメージして不可能を可能にしてきました。

これはBOSE博士にも共通している点です。

これは僕たち一般の方でも目標を持って達成さえるためには非常に重要な事だと思います。

この特別シネマを見るためには

このシネマを見るには、特設ページから予約が必要。

料金は無料です。

この三連休は関西で上映されます。

あとは、BOSE日本本社のみの上映となっています。

最後に記念品も頂けます。

その内容が素晴らしい。

DSC09912

記念品は、ペンくらいかなと思っていましたが、

BOSEのロゴ入りのタンブラーでした。

箱も高級感があります。

他にBOSE製品が5%offになるチケットも頂きました。

無料でシネマが見れて、この記念品は素晴らしいです。

まとめ

僕も去年、よりいい音で音楽を聴きたいと思い、

「QuietComfort 15」と「SoundLink Mini」を購入し愛用しています。

DSC09913

「SoundLink Mini」は以前レビューしています。

動画あり】BOSE SoundLink Miniが素晴らしい Bluetooth ワイヤレススピーカー|ボーズ サウンド リンク ミニ

この映画を見てノイズキャンセリングはBOSEが発明したことを始めて知りました。

というよりBOSEの商品を初めて購入したのが去年なので、

BOSEに対する知識は、ショップ等で聞いて、いい音が出るスピーカーだなぁ。

いつかは欲しいなぁ・・と憧れ程度でした。

しかし、このシネマを見て簡単ですがBOSEに対する知識は付いて

違った視点で商品を見たり使ったり、その他BOSE製品に対し

もっと知りたくなるきっかけとなりました。

話を戻して、ノイズキャンセリングですが、

BOSE博士が飛行機にフライト中に思い付き、その飛行機の中で計算式を書いたそうです。

それから商品が世に出るまでに15年くらいかかっているそうです。

店頭には特別にBOSEのノイズキャンセリングのヘッドフォンが

初代から展示されていて、視聴する事ができました。

BOSEテクノロジーの進化を体験できました。

現在最新は、「QuietComfort25」です。

BOSE製品はコンパクトながら素晴らしい音を再現してくれます。

これはBOSE博士がイメージし続けた、

「みんなが欲しがるもの」

これからもBOSEの進化に期待したいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。