今話題の『ブルーボトルコーヒー』流のコーヒーの煎れ方

シェアする

farmers2

今、日本でも話題のブルーボトルコーヒ-流のコーヒーの煎れ方を紹介します。

ブルーボトルコーヒーは、オーダーが入ってからドリップして提供するかたちです。

スポンサーリンク

必要なもの

コー​​ヒー
グラインダー(豆を砕く道具)
スケール※
ドリッパー
フィルタ
ケトル
タイマー
コーヒーカップ

※ブルーボトルコーヒーでは「acaia デジタルスケール」が使用されています。

煎れ方

※動画と少し異なりますが、ブルーボトルコーヒーのサイトを参考にしました。

Drip_Step1

ケトルに実際に必要な水を用意する。

コーヒーに入れる水の2倍用意しておく。

(350mmlなら700mml)

Drip_Step2

コーヒー豆を用意。

Blue Bottle Coffee Company

水を沸騰させます。

水を沸騰している間に豆を挽く。粗さは海塩くらい。

面倒な場合は、煎れ方だけ参考にして頂いて、

市販のドリップコーヒーのパックでもいいと思います。

Drip_Step4a Drip_Step4b

フィルターをドリッパーに入れます。

Drip_Step5

先程の沸かしたお湯の半分をドリッパーに注ぎ、フィルターとカップを温める。

その後、カップのお湯を空にする。

Drip_Step6

フィルターに挽いたコーヒーを煎れる。
コーヒーを煎れたら、上位を平らにする。

Drip_Step7

煎れたコーヒーの量が25グラムならお湯50グラムを、

中心部から円を描くようにやさしく注ぐ。

その後30~40秒待つ。

Drip_Step8b

時間が経てば残りを注ぐ。

以上が、ブルーボトルコーヒー流の煎れ方です。

是非、ご家庭でも試してみては。

subscribe-featured-image-2bd06cb4d3974f047ae7e6391556341f

ブルーボトルコーヒーの豆は本場より取り寄せ可能です。

【関連】

「ブルーボトルコーヒー|Blue Bottle Coffee」を日本の自宅で楽しむ方法 定期購入通販

ブルーボトルコーヒーで使われている「acaia (アカイア) デジタルスケール」がシンプルでカッコイイ!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。