ワークスペースのインテリア

シェアする

僕は、個人向けのインテリアの仕事を約8年、

企業向けのオフィスのインテリアに関する仕事を約2年してきました。

そのため、ワークスペースも気になるインテリアです。

最近、働き方の変化で多種多様なオフィスが目立ちます。

今までの常識にはない新しい空間のオフィス。

いろいろなオフィスを見てきましたが、

本当にここがオフィス??と思う、楽しそうな空間がたくさんありました。

または、個人のデスクを持たない会社まで存在します。

そして、個人のワークスペースはどうでしょうか??

個人でも稼げる時代が来ました。

そのため、自宅で仕事する人も増えてきていると思います。

その中でも、今日はデスクの置き方について考えてみました。

壁面に向かって、デスクを置くスタイルです。

これは以前の僕の置き方もこの方法でした。

一番設置しやすく、壁面に向かって集中もしやすい置き方だと思います。

また、壁面にも収納を考えれば、棚なども取り付けることが可能です。

窓際にデスクを置く方法。

この置き方は、先程の壁面に置く方法と似ています。

しかし、壁に向かって仕事するのと、その景色を見ながら

仕事をするのとでは気分が変わってきます。

これは、デスクを置く場所を窓に合わせないといけないので、

少し、置き場所を考えないといけません。

また、マンションの個人の部屋は基本的に廊下側に面していることが多く、

すりガラスが多いために、少し難しい場合もあります。

しかし、素晴らしい景色を見ながら仕事をする事にも憧れます。

次に、部屋の中心にデスクを置いたり、壁面にデスクを置かない方法です。

今の僕のスタイルはこれです。

非常に開放感があり、何故か集中できる点が気に入ってます。

以前は、壁面に向けて置く方法をとっていまいたが、

壁に向かっているために、何故か心が閉鎖的になってしまい、

集中できずに、すぐにデスクから離れたりしていました。

少し、場所に余裕が必要ですが、お勧めの置き方です。

番外編です^^;

大型天板の上で広々と仕事をする事です。

最近、スタバやコワーキングスペースなどに行くと、

良く見かけるこのスペース。

最近のシェアするところからきているのでしょうか??

僕も、自宅のダイニングテーブルが結構広いので、

ダイニングテーブルでノートPCを持って行って

仕事することも多くなりました。

非常に広い場所で、こちらも開放感があり

クリエイティブな考えが浮かんできます。

あとは、最近PCやスマホさえあれば仕事が出来るようになってきたので、

特に、デスクやテーブルが無くても、

ソファやベットの上で仕事することも可能になりました。

固定した場所でなく、いろいろと気分によって場所を変えることは

非常に思考にもいいと思いました。

ワークスペースは、生産性を上げる場所なので、

働き方も多様化してきて、

それぞれに合ったスペースや働きやすい環境を

今までの常識に縛られずに、作ることが一番だと思います。

追伸

ワークスペースにも少し遊び心が欲しい時に

世界最小のヘリコプターで気分転換^^

デスクスペースで遊べる高い機動性能!のヘリコプターのラジコン。

小さいころに、ヘリのラジコンを見て憧れていました^^

それがこの世界最小サイズのヘリコプターがワークスペース上で実現可能です^^

新品価格

¥2,998から

(2014/3/24 15:40時点)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。