「VSCO cam」のGrid(グリッド)とJournal(ジャーナル)に写真記録用としてこれからUPしていきます。

シェアする

4写真にハマりだしてから、早、1年。まあ、ここまで飽き性の私が、よく続けられた趣味だなあと感じています。目で見た風景を四角い枠に切り取る。その切り撮るところが、いろいろなアングルによって見え方が変わってくる。そういったところが面白いんでしょうか(笑)

それはさておき、ちょっと前からこのブログとは別に写真に特化したメディアを作りたいなと思っていました。ほぼ写真を並べるだけでシンプルな感じです。

コチラのブログでも、撮影した写真等を時間がある時はアップしていますが、自分が興味を持ったカメラの事や神戸の街の事やいろいろ書いているのでまとまりが無くなってきています(笑) それと、このブログのレイアウトが2カラムなので写真を大きくアップロードしてもあまり印象が無い感じで、文書もある程度書かないと何の事か分からなくなるような感じがして、写真をアップするにはあまりメリットを感じていませんでした。

写真をアップする場所としては、Twitterやインスタ、Flickrなどにアップしていますが、最っとシンプルにしたいと思い、そこで、いつもiPhoneのアプリで使っている「VSCO cam」のGridとJournalを使う事にしました。

スポンサーリンク

VSCO camの「Grid」と「Journal」

この「VSCO cam」は、撮影した写真をフィルムチックにフィルターを掛けれる優れたアプリです。多くの方が愛用しているアプリではないかと思います。

VSCO

無料
(2015.10.18時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ

そのアプリ内に「Grid」と「Journal」という自分の写真を公開できる機能があります。ここに、これからこのブログとは別に撮影した写真をUPしていこうと思います。

GridとJournalの画面がシンプル

Gridは、ひたすら写真をUPするだけ。

1

Journalは、VSCO内にアップロードした写真をブログのような感じでUPできます。

Gridと違い、1ページ単位で作成ができます。

2

VSCO camへのリンクはこのブログ内に設置しました。

3

これはPC版の画面ですが、ヘッダーの下のメニュー部分と右側の四角の赤で囲んだところに「Photo by VSCO Grid」を追加しました。そこからいつでも飛んで頂くことが可能です。

スマホの場合は右側のウィジェットが一番に下になっているので、トップの「」マークのメニューから入られると入りやすいです。

まとめ

今の自分にとってこのVSCOのGridやJournalは、本当にシンプルな写真ログのような感じです。写真をただ見やすいようにしておきたかったためなので、気になった写真や自分なりの新し発見などはブログに書いていきます。

世界中のVSCO愛用フォトグラファーもフォローでき、彼ら彼女らの写真が半端なく勉強になるので参考にしています。

フォローは可能ですが、閲覧のみでインスタグラムのようなライクやコメントはできないので、私が求めていたちょうどいいメディアを作ることができました。

まだまだ私の写真は素人なので、いろいろ勉強して楽しみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。