iOS版「iMovie 2.2」リリース。4K動画編集や60フレームの1080p HDに対応

シェアする

iMovie

600円
(2015.09.17時点)

iTunes で見る

posted with ポチレバ

iOS版の「iMovie」がバージョン 2.2となってリリースされました。

IMG_6214

バージョン 2.2 の新機能
• 対応するiOSデバイスで、ひときわ美しい4K解像度(3840 x 2160)でムービーを作成および共有できます*
• より本物に近いスムーズな動きを実現する毎秒60フレームの1080p HDビデオでムービーを作成および共有できます
• iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusの感圧タッチを使用すれば、新しいムービーの作成をホーム画面からすぐに開始できます
• iPad Proでは、4Kビデオの複数のストリームを編集し、Smart Keyboardでショートカットを使用できます。デスクトップクラスのパフォーマンスを実現します
• フルハイトのメディアブラウザとピクセル単位の1080 HDビューアにより、iPad Proのインターフェイスが向上しています
• キーボードを接続すれば、ショートカットを使ってすばやくムービーを編集できます
• ムービーの編集中にメディアブラウザを隠すオプション
• 写真のKen Burnsアニメーションを無効にするオプション
• プロジェクトの詳細表示が新しくなり、ムービーや予告編を開く前に再生できるようになります
• ビデオ表示が新しくなり、iPad上でビデオや写真をブラウズするときに一度に表示できるライブラリの内容が増えます
• iPad上のインスペクタコントロールが改良され、見やすいテキストラベルが表示されます
• 「写真」用のiMovie拡張機能により、マルチタスキング時のSlide OverとSplit Viewがサポートされます
• iMovie拡張機能のオーディオブラウザが新しくなり、音楽を簡単にブラウズおよび再生できるようになります
• パフォーマンスと安定性が改善されます
• フランス語(カナダ)、ヒンディー語、および繁体字中国語(香港)がサポートされます

* 4Kのサポートは、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、およびiPad Proで利用できます。

Apple:iMovie

screen640x640 (1) screen640x640

もうじき発売される、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、およびiPad Proは4Kが編集可能となります。

スポンサーリンク

現行のiPhone6を利用して変わった点

現行のiPhone6で新しいバージョンを試しました。

変わったと思われる機能は以下の3点です。

・60フレームの1080p HDビデオでムービーを作成

新しくなったiOS版「iMovie2.2」でiPhoneやiPadに60fps (フレーム)の動画を取り込む方法
先日、iOS9へアップデートとなったと同時にiOS版の「iMovie」も新しくアップデートされた。 このアップデートの大きな特徴は...

・写真のアニメーションを固定できるようになった。

IMG_6215

Ken Burnsアニメーションを無効に

・音楽(BGM)を動画の音声より強調したり弱くできる機能IMG_6216

自分が気づいたのはこんな感じです。

あとは若干デザインが変更されていています。

基本的には、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、およびiPad Pro、iPadへの影響が強そうなバージョンアップです。

基本的な使い方はコチラをどうぞ。

噂に聞いていたiPhone用の動画編集アプリ『iMovie』がスゴイ件
最近、動画にハマっていて今まで使ったことがなかった、iPhone用の動画編集アプリ『iMovie』を使ってみました。 iMovie ...
【iPhoneは便利】iPhone6で夜のスプラッシュファンタジアを動画撮影してみた。その場でiMovieで編集してYoutubeにUP。
先日、神戸で行われていた「スプッラシュファンタジア」の夜のショーをiPnone6で撮 影してみました。 実は、iPhoneで夜に動画を撮...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。